代理人ユーザーとしてSquareをはじめるには

代理人ユーザーの役割を割り当てられた従業員は、自分のモバイル端末とログイン情報を使用してあなたの代理で決済を受け付けることができ、手数料は無料です。また、代理人ユーザーは払い戻しの処理およびオフラインモードでの決済受付も行うことも可能ですが、機密性の高いアカウント情報へのアクセスまたは設定を変更する権限はありません。従業員にSquare POSレジアプリまたはSquare データへの追加のアクセス権限を付与する必要がある場合は、従業員管理から権限グループの設定をしてください。

注意: 共有端末で従業員の売上を管理する場合、あるいはタイムカード管理、チップ調整、権限レベルの設定などの拡張機能をご使用になる場合には、代理人ユーザーのご利用をお勧めしません。

従業員を代理人ユーザーに設定して支払いを受け付けられるようにする

  1. Square データの[従業員]セクションから[従業員を登録]を選択します。
  2. 従業員の詳細を入力して、[保存] をクリックします。
  3. [従業員のアクセス権限] をクリックし、[代理人ユーザー(無料)] を選択します。
  4. 代理人ユーザーの権限を表示または編集するには、[役割を編集]をクリックします。メモ: ここで設定するアクセス権限は、外套の従業員だけでなく、代理人ユーザー(無料)の役割に割り当てられた全従業員に適用されます。
  5. 代理人ユーザーの招待メールの宛先を入力します。メールアドレスは代理人ユーザーを利用する従業員がSquare POS レジアプリにログインする際に使用するものを入力してください。
  6. [保存] をクリックします。

代理人ユーザーの役割を編集する

  1. Square データの[代理人のアクセス権限]メニューから[代理人ユーザー] を選択します。
  2. オフラインモード決済、払い戻しにおいて代理人のアクセス権限をオン/オフにします。

メモ: ここで設定するアクセス権限は、代理人ユーザー(無料)の役割に割り当てられた全従業員に適用されます。

代理人ユーザーの無効化/再有効化

従業員が恒久的または一時的に退職した場合、その従業員のアカウントを無効にすることができます。アカウント情報は記録用に保存されますので、アカウントの再有効化はいつでもできます。

従業員を無効にする

  1. Square データの[従業員リスト]から、無効にする従業員の名前を選択します。
  2. 3点アイコンの [アクション] メニューをクリックし、[従業員を無効にする] を選択します。

メモ:従業員の情報は、無効にしても失われたり削除されることはありません。

従業員を再び有効化する

  1. Square データの[従業員リスト]の左側にあるステータス ドロップダウン メニューから[すべて] をクリックします。
  2. 従業員のプロフィールをクリックして、[従業員を再び有効化する] をクリックします。

代理人ユーザーの売上レポート

従業員別売上を管理するときはSquare データ代理人ユーザーの売上レポートから行います。また、代理人ユーザーにフィルターをかけて各従業員の売上を確認することもできます。

メモ: 代理人ユーザーに割り当てられた従業員のアクセス範囲は、Square POSレジアプリ上の本人の売上だけに制限されます。