システムの更新情報をみる

ご利用中のSquare サービスに影響を及ぼす可能性のある問題が発生しています。詳細については、弊社のステータスページに随時更新いたします。

ホーム>Square リテールPOSレジを事業に活用する

Square リテールPOSレジで在庫調整履歴を確認する

在庫調整履歴

Square リテールPOSレジのインベントリPlus機能を利用して、過去の調整を確認し在庫フローに関する詳しい情報を得ることができます。

Stock History Screen In Online Square Dashboard

次の手順で操作を開始します。

1.Square データから [商品] > [在庫管理] > [履歴] の順にアクセスします。
2. ドロップダウンメニューから日付範囲、店舗、調整のタイプを選択して、検索を絞り込みます。また右側の検索フィールドを使用して、製品別に検索を絞り込むオプションもあります。
3. 任意のイベントをクリックして、調整を行った人物、その原価、影響を受けた店舗を確認します。

Inventory Adjustment Detail Screen

商品ライブラリから在庫調整を閲覧する

[在庫管理] タブの在庫履歴ログに加えて、個別の商品に関する在庫調整のサマリーを商品ライブラリから閲覧できます。

Item Level Stock History
  1. [商品ライブラリ] にアクセスして商品を選択します。

  2. 商品詳細ページの [価格と在庫] セクションで、[在庫履歴を表示] をクリックします。

  3. 在庫調整をレビューして、すべて設定したら [完了] をクリックします。

調整タイプ

減少の種類:

  • 損傷: 商品が損傷とマークされています。

  • 紛失: 商品が盗難(万引き)または紛失とマークされています。

  • 販売済み: 商品は販売済みです。

減少または追加:

  • 再集計: 一般的な在庫数の追加または減少です。

追加の種類:

  • 入荷: 購買注文が入荷した場合、または商品を入荷と手入力でマークした場合です。注意: 売上原価レポートに表示されている商品については、必ず [入荷] とマークしてください。

  • 在庫戻し: 返品処理の場合の調整は、在庫戻しとして反映されます。

  • 移動: Record o在庫をある店舗から別の店舗に移動した記録です。

詳細については、Square インベントリPlusをご覧ください。

原価の更新と数量の調整

在庫履歴ログにフィルターを適用して、単位原価が関連付けられている在庫入庫、単位原価が入力されていない在庫入庫、またはすべての過去の調整を表示できます。単位原価が関連付けられている在庫を更新する必要がある場合は、フィルター [未入力の原価] を適用します。

未入力の単位原価を特定するには、以下の手順を行います。

  1. ご利用のコンピュータからSquare データにログインします。

  2. [商品] > [在庫管理] > [履歴] の順に進みます。

  3. [すべてのコスト] のドロップダウンメニューで、[未入力のコスト] を選択します。

[未入力のコスト] フィルターにより、単位原価が関連付けられていない商品の一覧が表示されます。

単位原価を追加するには、以下の手順を行います。

  1. 任意の商品の横にある [コストを追加] をタップします。

  2. 単位原価を入力して [保存] をタップします。

元の在庫入荷に注文書がある場合は、過去の調整詳細ページに記載されているリンクをクリックして、関連付けられている単位原価を更新します。

注意: 在庫レベルから差し引かれる在庫調整数は、帳簿の先入れ先出し(FIFO)法に基づき、販売された商品の費用および棚卸価額のクレジットまたはデビットとなります(調整のタイプにより異なる)。原価が正しくない場合には、元の在庫入荷の原価を編集することが可能です。このため、在庫数が減る上書き、紛失、不良品、盗難による在庫調整など、在庫レベルから差し引かれる在庫調整の単位原価を更新することはできない仕様となっています。

例:

購買注文(仕入れ)を入荷した、または単位原価¥150の商品10個を入荷したとしましょう。後に手動で再集計調整して、商品の在庫は8に減りました。この再集計調整により、¥300が売上原価にデビット、在庫価額にクレジットされます。この調整は [履歴] に表示されますが、単位原価を(¥100に)更新するには、元の入荷調整を特定する必要があります。元の入力調整を更新し終わると、新しい単位原価が自動的に再集計調整に反映され、在庫レポートが更新されます。

未入力の単位原価を一括修正する

バリエーションレベルで原価が関連付けられている商品については、履歴での調整の場合に [単位原価を修正] するオプションが用意されています。

注意:ライブラリ内の任意商品の単位原価が未入力である場合は、各バリエーションをそれぞれ更新してから [履歴ログ] から未入力の原価を一括修正しなければなりません。

次の手順で操作を開始します。

  1. Square データのライブラリにログインして、各商品のバリエーションに単位原価が関連付けられていることを確認します。

  2. [在庫管理] に進み、[履歴] をクリックします。

  3. [単位原価を修正] > [コストを修正] を選択します。

[在庫の操作を表示] を選択している場合は、単位原価が関連付けられていない過去の調整がそれぞれ表示されます。

過去の調整を1つ更新すると、その他のすべての調整単位原価に、その特定商品の新しい単位原価が反映されます。

商品ライブラリから消去済みの商品バリエーションの単位原価は、一括更新できません。消去済みのバリエーションの過去の調整を更新するには、各バリエーションの単位原価を履歴ログから更新する必要があります。

Square リテールPOSレジのレポートに関するFAQに対する回答をご確認ください。

お探しの答えが見当たりませんか?