システムの更新情報をみる

ご利用中のSquare サービスに影響を及ぼす可能性のある問題が発生しています。詳細については、弊社のステータスページに随時更新いたします。

ホーム画面に戻る

SquareのPayments APIに関するFAQ

開発者として自社サイトを運営している、または開発者と提携して自社サイトを運営している場合、Squareの決済関連APIを活用することですべての販路を1つに集約することができます。


開発者のリソースにアクセスできない場合は、 Square APP Marketplace を是非ご利用ください。Squareと提携するさまざまなアプリでカスタマイズ可能なテンプレートやオンラインビジネスの運営に役立つツールをご利用いただけ、かんたんなステップに従うだけでSquareで支払いを受け付けることができます。


まずはじめに


Payments APIの仕組みとは?


SquareのPayments APIは、ウェブサイトでクレジットカードやデビットカードの決済受付が行えるソリューションです。Payments APIでウェブサイトとSquareをつなぐことで、顧客はウェブサイトの中で安全に購入手続きが行えます。支払いの処理はすべてSquare経由でなされるため、重要な支払いカード情報を取り扱う必要はありません。売上に関する情報はSquare データで確認することができ、入金が確認されると登録済みの銀行口座に振り込まれます。


SquareのAPIではどんなカードを使用できますか?


Squareでは、Visa、Mastercard、American Express、JCB、Diners、Discoverのロゴが入った各種カードをご利用いただけます。また同様のロゴが入ったギフトカードやプリペイドカードもご利用いただけますが、請求金額がカード残高を上回らないことが条件となります。カードの種類に関係なく一律料金が適用されます。法人カード、プリペイドカード、ギフトカード、特典カードには追加料金はかかりません。デビットカードの使用方法はクレジットカードと同様ですが、暗証番号の入力は必要ありません。


自社のEコマースサイトでApple Payでの支払いを受け付けることはできますか?


現在日本では、Apply Payによる支払いには対応していません。対応され次第、Square Developer からアップデートします。

SquareのPayments API、Checkout API、提携Eコマースサイトが提供するソリューションの違いは何ですか?


Payments API:SquareのPayments APIは、ウェブサイトでクレジットカードやデビットカードでの決済ができるソリューションです。必要に応じて支払いの形態やお会計の方法をカスタマイズすることができ、Squareでさまざまな決済方法をご利用いただけます。

Square連携サービス: Wixや、EcwidWooCommerceMagentoその他を活用することで、ご利用のSquareアカウントにオンライン決済システムを統合することができ、提携サイトがホストするEコマースサイトから直接注文を処理することが可能になります。開発者の手を煩わせることなく、ほんの数クリックでSquareを自社サイトに統合できます。


Checkout API:SquareのCheckout APIでは、Squareで対応可能な支払いの種類に限り、Squareがホストするお会計専用のワークフローに従ってオンラインでの支払いを受け付けることができます。支払いを受け付ける際には、Squareがホストするお会計時専用のワークフローで購入者が支払いを行い、決済が完了したら販売者のウェブサイトに戻ります。注意:Checkout APIは現在、英語にのみ対応しています。注意:Checkout APIは現在、英語にのみ対応しています。


APIでの商品の売上履歴や在庫状況などもSquareデータで確認することはできますか?


販売した商品の詳細データを確認できるのは、現時点でSquareのCheckout APIに限られています。SquareのPayments APIを使用して販売した商品は、Squareデータでは「オンライン決済」として表示されます。Checkout APIを使用して販売した商品は、オンラインで販売した商品の売上データや在庫状況を商品別に確認することができます。詳細は、Checkout APIを参照してください。


SquareのPayments APIを使用するにはどうしたらいいですか?


アプリの設定方法やウェブサイトでの決済の開始については、Square Developer Online Payment Options(英文)をご覧ください。


パーソナルアクセストークンとは?

決済処理の際にアプリケーションとSquareで使用される通信コードのことです。信頼できるAPI開発者にはパーソナルアクセストークンを共有しても構いません。ただし、Squareアカウントのパスワードと同様、トークンはアカウントの機密情報ですのでご注意ください。開発者にトークンを共有した場合、開発者がアカウント情報を編集できる状態になることをご留意ください。

SquareのCheckout APIを使用するにはどうしたらいいですか?


Square チェックアウトAPIをウェブサイトに実装するにあたっては、スタートガイド(英文)をご覧ください。


Square Checkout API の導入準備が整ったら、すべての支払い内容がSquare データの取引履歴に表示されます。Square Checkout API 経由のすべての取引は、識別しやすいように項目別になり、「オンライン取引」と表示されます。


Square チェックアウトAPIの内容をまとめた概要については、スタートガイド (英文) をご覧ください。


サンドボックスの検証


アプリをアンインストールする


アプリとお使いの Squareアカウントとの連携が完了すると、Square データから設定を管理できるようになります。

  1. Squareデータからアプリ、次にマイアプリを選択してください。

  2. 解除したい外部アプリの X 印をクリックして、Squareアカウントへのアクセス許可の取消を確認します。


支払いおよび手数料


SquareのAPIの手数料はいくらになりますか?


Squareの決済API を介して処理される支払いには、Visa/MasterCard/American Express/Discover/Dinersは決済ごとに3.6%、JCBは決済ごとに3.95%の手数料が適用されます。詳しくは、手数料および料金の計算をご覧ください。


決済可能な通貨は?


Squareの決済APIでは海外発行カードの決済が可能ですが、支払いはすべて日本円で処理されます。


売上およびレポート


お取引履歴はレポートにどのように反映されますか?


Squareの オンライン決済APIを使用した決済は、Squareデータ上の取引履歴に表示され、分かりやすいよう「オンライン取引」と識別されます。
払い戻しもSquareデータ、Squareアプリ、Refund APIから処理できます。Squareアプリと同様、代金は通常のに沿ってご登録の銀行口座に入金されます。

注意:販売した商品の詳細データを確認できるのは、現時点SquareのCheckout APIでのみです。


Payments APIに関するベストプラクティス


Eコマースの注文で不正使用や支払いの異議申し立てを防ぐため、細心の注意を払うことが重要です。 ベスト プラクティスのページをご確認ください。