Square Developer

PCI-DSSに準拠。 ウェブサイトに安全な決済を

開発者向けオンライン決済関連API

独自のオンライン決済を構築

個々の取引

ご自身のサイトで販売された製品やサービスの決済を受け付けます。
決済の処理 >

繰り返しの取引

カード情報を保存すれば、独自のサブスクリプションロジックを使用して以後の支払いに利用できます。
保存済みカード情報 >


オンライン決済を追加する3つの方法

カスタマイズ

Squareの決済フォームと決済関連APIを駆使すれば、決済の部分も含めた統一感のあるウェブサイトを構築することができます。

事前構築済み

デジタルウォレット対応のワークフローを事前に構築。SquareのサーバーでホストしているSquare チェックアウトと統合すれば、時間の節約になります。

プラグイン

WooCommerce、Magento、OpenCart。選択肢はこれだけではありません。既存の統合を利用すれば、コードを書かなくても様々なアプリと連携できます。


オンライン決済のワークフローを自由にカスタマイズ

Squareの決済フォームは、カード番号やセキュリティコードなどの決済データに使えるセキュリティで保護されたコンポーネントを備えています。このホストされたコンポーネントは、お客様が独自に活用することもできます。決済フォームはサイトでお買い物をするお客様がカードのデータをすばやく正確に入力できるように設計されており、入力したデータは安全に収集され、トークン化されます。お使いのサーバーを介さないため、PCIへの準拠に関しても安心です。


決済だけに止まらない豊富な機能

Squareは決済のためだけのプラットフォームではありません。販売用のプラットフォームとしても優れています。取引を注文明細や商品、顧客プロフィールなどと関連付けたり、商品カタログと在庫情報がオンライン上の資産やSquare POSレジと自動的に同期されるように設定したりすることが可能です。


あなたはサイト構築に専念。決済はSquareにお任せを

PCI準拠

Squareのオンライン決済関連APIはPCI-DSSに準拠しています。セキュリティ基準を満たすために費用をかけたり、情報漏洩に怯えたりする必要はありません。

取引の紛争発生時は代理人に

Squareには、支払い異議申し立てに対応する専任チームがあります。必要な情報を開示いただければ、追加費用なく加盟店の代理となって解決にあたります。

すばやい入金

Squareで処理したカード決済代金は、最短翌日にご登録の銀行口座に振り込まれます。

不正利用を検出

Squareシステムはマシンラーニングを駆使して決済データを分析することで、不正使用の防止技術を日々向上させています。

開発者はSquareのオンライン決済関連のAPIとSDKを無料で利用できます。

クレジットカードまたはデビットカードで決済した時のみ、決済手数料が発生します。

3.6%

決済ごと(Visa/MasterCard/American Expressのみ)

カスタムレート

支払処理額や平均取引規模などによっては、大口の取引向けとしてカスタム価格パッケージを利用できます。ご興味があればお気軽にお問い合わせください。

営業チームへのお問い合わせはこちらから >

始める準備は整いましたか?

設定ガイドに目を通したら、アプリに決済機能を統合しましょう。