SQUARE DEVELOPER

iOS・Androidで安全なアプリ内決済を

iOS・Android向けアプリ内決済

Squareの決済システムをあなたのモバイルアプリにかんたんに統合。

Squareのプラットフォームを利用した開発では、支払いにまつわる複雑な仕組みの構築はすべて当社にお任せしていただけます。PCIへの準拠から不正利用の検知、支払い異議申し立てに至るまで当社に一任することで、お客様の負担が軽減されます。

カスタマイズ可能なUI設計ですばやく操作

モバイルアプリでもすばやく正確にカード情報の入力ができるインタラクティブなユーザーインターフェースは、カスタマイズ性も兼ね備えています。アプリに合わせて簡単に色やフォントをカスタマイズすることが可能です。

カード情報の保存機能で速やかにお会計

アプリでの支払いが楽になれば、お客様が注文確定前に手続きをやめてしまうことも少なくなります。アプリからカード情報を安全に保存できるので、お客様は再入力の手間なく次のお買い物ができます。


  1. SDKのダウンロード

    まずはSquareアカウントを作成します。準備ができたらプロジェクトにアプリ内決済SDKを追加してください。

  2. カスタマイズできるUI

    決済フォームはカスタマイズ可能。アプリのスタイルを色とフォントで表現できます。

  3. 支払いの受付

    お客様にアプリ内でカード情報を入力してもらえば、支払いの受付は完了です。


開発に選べる豊富な選択肢のモバイルプラットフォーム

iOS/Androidネイティブアプリの開発にも、Flutterでのクロスプラットフォームアプリの開発にも対応可能。モバイル用SDKからサンプルコード、サンプルアプリまで各種ご用意しています。

ドキュメントを見る >

PD00716 - ios android flutter logos


アプリ内決済、オンライン決済、店頭レジでの決済をワンストップで提供

決済に必要なサービスのプロバイダーを1つに絞ることで開発や管理はずっとシンプルになります。Squareのプラットフォームを利用すれば、チャネルをまたいだシームレスな決済を独自のアプリで実現できるだけでなく、Square POSレジアプリとも簡単に統合できます。


チャネルをまたいだカード情報の保存と支払い

お客様のカード情報を安全に保存しておくことで、次回のお会計にかかる時間を短縮できます。オンライン決済、アプリ内決済、対面決済など、お支払いの手段も問いません。

データの収集整理にかける時間を削減。すべてを1か所に集約可能

アプリ内決済、対面決済、オンライン決済の各決済データを1つのシステムで扱えます。また、お客様や従業員、在庫のデータなど管理が必要なデータを他にもお持ちであれば、それらすべてがSquare データから閲覧できます。APIを使えば各種のデータを独自のレポート作成システムで活用するなど、応用の幅も広がります。


あなたはアプリの構築に専念。決済はSquareにお任せを

PCIに準拠

SquareのAPIはPCI-DSSに準拠。評価担当者や自己評価アンケート(SAQ)の要件、監査への対応にかかる費用や手間はSquareにお任せください。そのための手数料は一切かかりません。

支払い異議申し立ての際は代理人に

Squareには、支払い異議申し立てに対応する専任チームがあります。必要な情報を開示いただければ、追加費用なく加盟店の代理となって解決にあたります。

すばやい入金

代金はSquareに登録された銀行口座へ最短で翌営業日に直接入金。Squareなら入金確認までが早くなります。

不正利用を検出

Squareシステムはマシンラーニングを駆使して決済データを分析することで、不正使用の防止技術を日々向上させています。

無料で利用できるSquareのアプリ内決済SDK

クレジットカードまたはデビットカードで決済した時のみ、決済手数料が発生します。払い戻しやチャージバック、その他のカードでの決済は無料です。

3.6%
決済ごと(Visa/MasterCard/American Expressのみ)

カスタムレート

支払処理額や平均取引規模などによっては、大口の取引向けとしてカスタム価格パッケージを利用できます。ご興味があればお気軽にお問い合わせください。

営業チームへのお問い合わせはこちらから >

はじめる

クイックスタートガイドに目を通したら、アプリで決済を受け付けましょう。