サイバー攻撃からアカウントを守る2段階認証

alt text

残念ながら、最近ではオンライン上でセキュリティの侵害が発生することは珍しいことではありません。そのため、普段利用するアカウントを最大限に守ることが重要になってきています。

その中でも最も簡単に始められるものとして、パスワードの変更があります。アカウントへの不審なアクセスを防ぐため、普段利用しているパスワードの他に、2段階認証を追加することでよりセキュリティを強固なものにすることが出来ます。

2段階認証とは

2段階認証は、「2ファクタ認証」または「マルチファクタ認証」とも呼ばれています。機密情報をアカウントで扱う際に、パスワードの他にワンタイムコードと呼ばれるもう1つの数値や文字列を確認する方法です。

通常、追加の確認手順として電子メール、またはテキストメッセージ(SMS)を使用してワンタイムコードを受け取ります。携帯電話にコードが送信される2段階認証アプリ(Google 認証システムなど)を使っている方もいらっしゃるかもしれません。

2段階認証で使用するコードは、毎回(数秒に一回)変わるため、アカウントへのサイバー攻撃をより確実に防ぐことが可能となります。

Squareはこうした背景から、お客様が機密度の高い情報を変更される際には、2段階認証を必要としています。たとえば、新しい銀行口座の登録やパスワードのリセットなどには、最初にユーザー名とパスワードでログインするように求められます。その後、Eメールに送信されたワンタイムコードまたは認証アプリのコードでご本人様確認をお願いしています。

2段階認証の有効化方法

最近では多くのオンラインサービス(例えばGmail、Apple、Amazonなど)の設定で2段階認証を有効にすることができます。SquareのPOSレジシステムでも、機密度の高いアカウント情報に変更を加える場合の他にも、2段階認証を有効にすることができます。

この機能を有効化にすると、Squareデータにログインするたびに認証情報(ユーザー名とパスワード)に加えて、SMSに送信される認証コードを入力するよう要求されます。

Squareアカウントへの2段階認証の設定方法

1) Squareデータにログインしてアカウントの設定に進みます。

2) 個人情報画面2段階認証をオンにするボタンをクリックします。

3) 従業員に2段階認証の使用を求めるか否かを選択し、次のステップをクリックします。

4) 2段階認証の方法を、SMSまたは2段階認証アプリから選択します。(経営者側で操作)

  • SMSの場合: 従業員の携帯電話番号を入れて、次のステップを選択します。従業員は、受信したSMSにある確認コードを画面に入力します。認証 をクリックして完了です。

  • アプリの場合: 2段階認証アプリでバーコードをスキャンし、次のステップをクリックします。画面に確認コードを入力して 認証をクリックして終了します。

5) Squareデータにアクセスするたびに認証コードを入力したくない場合は、次回ログイン時に表示される認証コードの入力画面で このデバイスを 30 日間記憶する にチェックを入れます。

ビジネスの安全な運用方法をより詳しく知るには、Square セキュアのページをご覧ください。

さらに詳しく

Square 請求書への登録

その場で請求書を送信して代金をすぐに入金

無料アカウントを作成

詳細はこちら

最新の情報や使い方のヒントなどを直接あなたのメールボックスへ。

事業成長やマーケティング、会計のヒントなどの特集やアドバイスが満載。