経営者のための多店舗経営の基礎知識

Alt text

事業を一層拡大するために、新たに店舗を増したいと考えている経営者もいるかもしれません。複数の店舗を経営するメリット、売り上げや経費の管理方法など、気になることも多いのではないでしょうか。

今回は、多店舗経営を考える際に知っておきたいことを紹介します。

多店舗経営のメリット

Alt text

認知度アップ

店舗が増えれば、それだけより多くの人にお店や商品を認知してもらえる機会が増え、新規顧客の獲得にもつながります。また、新店舗をオープンできるほどの人気店という、ポジティブな印象をお客様に与えられます。

原価率の改善

飲食店や小売店の場合、店舗が増えれば食材や商品を仕入れる量も増えます。ものによっては仕入れ量の増加に合わせて、単価が安くなる場合があります。店舗数を増やすことで、原価率を抑える効果が期待できます。

スタッフのモチベーション向上

店舗数が増えると、スタッフのポジションも増えます。「店長」「マネージャー」「リーダー」などのポジションが店舗数分必要になってきます。さらに、店舗数がもっと増えれば、エリアマネージャーのような新たなポジションも必要になるでしょう。このように、キャリアアップの選択肢が増えることは、スタッフのモチベーション向上にもつながるのではないでしょうか。

知識と経験の共有

本店で培われたスタッフの教育やオペレーション、集客、マーケティングの知識は新店舗にも活かせます。すでに接客などに慣れたスタッフに2店舗目を任せることで、オープンしたばかりでもスムーズなオペレーションが可能になるのではないでしょうか。

また、本店にはないメニューや商品のラインナップにあえてチャレンジし、その経験を本店に活かすことも可能です。複数ある店舗の中で知識と経験を共有することによって、相乗効果が生まれることが期待できます。

リスクの分散

複数の店舗を展開することによって、いずれかの店舗で経営が悪化した場合でも、他の店舗でカバーすることができます。多店舗経営によってリスクが分散され、会社全体の経営を安定させられます。

多店舗経営のデメリット

Alt text

初期費用

新店舗を出すには、物件の取得費用、什器・備品費用、そして新たなスタッフのトレーニング費などさまざまな初期費用がかかります。オープンしてどのくらいで初期費用を回収できるのか綿密な計算が必要になってきます。

経費がかかる

初期費用と同様に月々の家賃や光熱費、スタッフの人件費もかかります。新店舗の経営がうまくいかない場合、本店の経営にもダメージを及ぼす可能性があります。一方、大型ショッピングモールの進出や同業他社の出店で本店の経営がうまく行かなくなった場合には、2店舗目や3店舗目が本店を支えることになるかもしれません。コストがかかることと同時に、立地や商品のラインナップを変化させることでリスクを回避できるとも考えられます。

スタッフ管理

新店舗オープンに伴いスタッフの人数も増え、管理の手間が増えることが考えられます。

すでにSquareのアカウントをお持ちの場合、新店舗の追加は簡単にできます。同時に、従業員管理機能を使えば、各店舗にいるスタッフの勤怠管理や一人ずつの売り上げを離れた場所からスマートフォンやタブレットで管理することも可能です。ぜひ導入を検討してみてください。

また、店舗が分かれることでスタッフ一人ひとりとコミュニケーションを取るのが難しくなったり、細かなサポートができなくなったりするおそれがあります。それまで経営者一人でスタッフ管理を行っていた場合は、バイトリーダーなど信頼できる人材に権限を与え、管理を任せてみてはいかがでしょうか。

オンラインで送信・管理ができる請求書

Square 請求書を導入する
無料のアカウントを作成

お金の管理

多店舗経営は、より多くのお客様の来店や収益拡大を期待できる一方で、売り上げを管理する手間も増えるかもしれません。

業種やお店の形態によって適した方法は異なりますが、売り上げの管理は店舗ごとに分けて行うと流れがわかりやすくなります。

たとえば、新店舗の経営が軌道に乗って黒字体質になった場合、会社全体の収益が増えます。店舗ごとに管理をしていると、どの店舗がどの程度全体収益に貢献しているかなどを客観的に数字で把握できます。その後のマーケティングや経営戦略にもつなげられます。

Square データを使えば、店舗ごとの売り上げデータを簡単に確認できます。ぜひ導入を検討してみてください。

多店舗経営をするなら

Alt text

堅実な資金繰り計画

前述した通り、新たな店舗をオープンすると、さまざまな初期費用そして経費がかかります。事業を維持、発展させていくためには、無理のない資金繰り計画を作成しましょう。

「経営者にとっての資金繰り改善のヒント」「飲食店のための事業計画書作成のヒント」の記事もぜひ参考にしてみてください。

慎重な立地選び

新たに店舗を構えるための立地選びは開店後の売り上げを大きく左右します。ターゲットとする客層やライバル店の状況などを事前に入念に調査しましょう。

スタッフ採用

店舗数が増えると、スタッフの人数も増えます。そのため、新たにスタッフを採用する必要があります。必要な人数やスキル、経験を確認して、社風に合ったスタッフを募集、採用することがポイントです。

関連記事

新規オープンも店舗拡大も!成功するための立地条件
実店舗にクレジットカード決済を導入するメリット

執筆は2018年5月14日時点の情報を参照しています。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。
Photography provided by, Unsplash

さらに詳しく

機能満載のPOSシステムがここまで身近に

あなたの成長に合わせた Square POSシステム

無料アカウントを作成

詳細はこちら

最新の情報や使い方のヒントなどを直接あなたのメールボックスへ。

事業成長やマーケティング、会計のヒントなどの特集やアドバイスが満載。