アルバイトスタッフの指導が成功のカギ!指導と育成のヒント

Alt text

「アルバイトスタッフのやる気がなくて困っている」「近頃売り上げが思うように伸びない」。これらの経営課題はひょっとしたらアルバイトスタッフの指導や教育方法に原因があるのかもしれません。

経営者が思っている以上に、アルバイトスタッフの働きは事業全体に大きな影響をもたらします。良い人材を集めることも大切ですが、その後のアルバイトスタッフの指導が成功のカギを握ることもあります。

今回は、アルバイトスタッフの指導や育成のヒントを伝えます。

指導の大切さ

Alt text

1, 定着率アップ

アルバイトスタッフを雇用したらそのままにせず、1から10まで丁寧に指導するようにしましょう。指導の体制を作り、研修やミーティングにも参加させ、従業員同士で教え合うコミュニティができるような環境を作ります。コミュニティができることで正社員とアルバイトスタッフの間に「仲間」という認識が生まれます。

従業員同士のつながりが深まり、業務に対する責任を実感することで、定着率は上がっていきます。自分が貢献している、役に立っているという実感こそが、アルバイトスタッフにとって働く原動力になるのではないでしょうか。

定着率がアップすることで、採用コストや新人研修コストなども抑えられます。

2, サービスクオリティの向上

お客様から見るとアルバイトスタッフも正社員も同じ従業員です。アルバイトスタッフも正社員と同様、会社の理念やお店のコンセプトを理解した上で働けるよう、指導を行いましょう。正社員とのギャップが埋まり、サービスクオリティの底上げが期待できます。新人アルバイトスタッフの指導は手間がかかりますが、最初が肝心です。いかに手間をかけるかがその後の成長にも関わってくるのではないでしょうか。

3, 自発性の向上

アルバイトスタッフが自らを会社の「仲間」だと実感し、事業を支えていく一人だと認識すると、自発性が生まれ、どうすれば貢献できるか考えるようになります。積極的に改善点や新しいアイデアを提案するようになるかもしれません。現場で接客しているアルバイトスタッフから生まれるアイデアは時として貴重な意見です。アルバイトスタッフの声を反映することが、サービスクオリティの向上にもつながるのではないでしょうか。

よくある悩みと対処のヒント

よくある悩みを例に、対処のヒントを紹介します。

アルバイトスタッフのやる気がない…
声をかけても態度にやる気が見られず、接客態度にも反映されてしまっている…。このような事態はお店にとって死活問題です。大切なお客様を逃さないためにも一刻も早く対処したいところです。

そのような状態に陥っているスタッフは、自分の接客態度がお店全体に影響し、最悪の場合損失が出るかもしれないという事態を把握できていないと考えられます。また、上司や先輩の目が届いていないと思っているかもしれません。

このような場合、企業理念や目標をしっかりと再認識してもらい、アルバイトスタッフの働きがお店に来たお客様だけでなく、地域の方々や社会にどのように貢献できているか実感してもらう必要があります。アルバイトスタッフのモチベーションを上げることが大切です。

新人のアルバイトスタッフが勝手に判断して行動してしまう
確認をせずに独断で行動してしまう、分からないからと聞かずに諦めてしまう…。このような場合、新人のアルバイトスタッフが働く環境に課題があるかもしれません。先輩アルバイトスタッフや正社員がきちんと気を配れているか、聞きやすい環境を作れているか確認しましょう。環境や従業員の雰囲気を変えることで、新人アルバイトスタッフの行動も変わるかもしれません。

指導のヒント

Alt text

1, メンター制度の導入

メンター制度とは、年の近い先輩従業員やベテラン従業員が、新人の従業員の指導役になる制度です。具体的な指導方法としては、1対1で定期的に面談を行い、業務上の悩みや不安について話をして、問題の解決や解消を図るなどがあります。新人の従業員が一人で悩みや問題を抱え込むことを防ぎ、サポート役をあらかじめ決めておくことでモチベーションや定着率をアップさせることができます。同時に従業員同士のコミュニケーションの円滑化も期待できます。「従業員の育成に効果的!?メンター制度とは」の記事もぜひ参考にしてみてください。

2,マニュアルの整備

接客の基礎から、基本的な業務、身だしなみ、安全衛生などについて細かく丁寧に説明したマニュアルも役に立ちます。全く知識のない人が1人で見て理解できるよう作ることが大切です。画像やイラストを使用し、なるべく見やすいマニュアルを作りましょう。作成後は定期的に見直しを行い、お店の状況に応じて更新します。

ビジネスの成長に合わせたPOSレジアプリ

Square POSレジを設定
無料のアカウントを作成

3, 経営方針や目標の共有

正社員だけでなくアルバイトスタッフにも共通認識を持ってもらうため、経営方針や目標、理念などを伝えましょう。全員が同じ目標を持ち意識して働くことで、連帯感や責任感が生まれます。アルバイトスタッフも大切な「仲間」であると認識してもらい、お互いが支え合い、助け合ってこそ目標に到達できるのだと理解してもらいましょう。

4, 密なコミュニケーション

アルバイトスタッフは短時間の勤務が多いため、引き継ぎが重要になります。引き継ぎノートやミーティングなどを活用し、従業員の間で情報の共有を行いましょう。日によってお客様の流れや、層は変わります。従業員同士で密に情報を共有していれば、柔軟な対応がしやすくなります。また、情報を共有するときにお互いにアドバイスや意見を言いやすくなるでしょう。同時に、問題点などにも気づきやすく、素速く対応できるようになります。

5, 質の高い研修

早く業務に入って欲しいと思うあまり、研修を手短に済ましたり、一度に全てを教え込もうとしたことがあるかもしれません。新人アルバイトスタッフはいちから全てを学んでいるので、どんなに時間がかかるとしても、一つひとつ丁寧に詳しく説明しましょう。不安を抱えたまま業務を任せると早期退職につながるかもしれません。マニュアルがあっても、なるべく手本を見せながら説明しましょう。

アルバイトスタッフの働きは会社の業績や売り上げに大きく関わってきます。手間を惜しまず、しっかり指導していきましょう。

関連記事

初めてのアルバイト採用、教育や管理にかかる負担を減らすには
飲食店運営には欠かせない!?バイトリーダーの存在

執筆は2018年4月27日時点の情報を参照しています。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。
Photography provided by, Unsplash

さらに詳しく

機能満載のPOSシステムがここまで身近に

あなたの成長に合わせた Square POSシステム

無料アカウントを作成

詳細はこちら

最新の情報や使い方のヒントなどを直接あなたのメールボックスへ。

事業成長やマーケティング、会計のヒントなどの特集やアドバイスが満載。