ラーメン屋にオススメの集客のヒント!

Alt text

ラーメンは日本の国民食ともいえるほど人気料理で、その人気は国内だけに留まらず海外からもラーメンを目当てに日本を訪れる人がいるほどです。たとえば、グルメガイドブックの「ミシュランガイド東京2018」では、ラーメン部門で合計26店舗が選出されています。

人気のラーメン屋の中には、大手企業とコラボレーションして自店の味を再現した商品を製造したり、アジアやヨーロッパなど海外に進出したりするお店もあります。

参考:ミシュランガイド東京2018(CLUB MICHELIN)

このような中で、長く愛されるお店になるためには、美味しいラーメンを提供するだけでなく、経営者としての手腕も必要になってきます。中でも、集客は安定経営をしていくために欠かせない要素のひとつです。

コアなファンを獲得できたとしても、それだけでは経営を何年も維持していくことは難しいかもしれません。今回は、ラーメン屋の集客方法やリピーター客を確保するための工夫について紹介します。

ラーメン屋にオススメの集客方法

Alt text

行列ができるようなラーメン屋を目指す経営者も多くいるのではないでしょうか。並んでまでラーメンを求めてくれるお客様がいることは、ラーメン屋にとって嬉しいことです。

行列のできる人気店になるためには、地道な努力は欠かせません。リピーター客を増やす、具体的な集客方法について説明します。

チラシを配布する

集客の王道な方法のひとつが「チラシを配布する」です。集客の基本として、まずお客様にお店の存在を知ってもらうことがあります。

チラシは手作り、もしくは資金に余裕があるのなら印刷会社に発注することもできます。自分で作成する場合は、手書きの他に書類作成ソフトを活用して作成することが可能です。

さらに、こだわりのあるチラシを作成したい場合は、グラフィックソフトやテンプレートを活用するのもオススメです。

チラシは一押しのラーメンの画像やお店のこだわりなど、アピールしたいことを限られたスペースの中に記載する必要があります。また、一品サービスや割引などのクーポン券をチラシに付けておくなど、お客様の興味を引く工夫も大切です。

また、開店記念や〇周年記念といった限定の記念品を用意しているなら、チラシに載せると、より多くの人にアピールすることができます。チラシを配布するには、駅前など多くの人が集まる場所を選ぶようにしましょう。折り込みチラシやポスティングを活用するのもひとつの方法です。

「広告費を無駄にしないチラシ集客のコツ」の記事もぜひ参考にしてみてください。

店舗入り口付近に看板を設ける

最近は女性客を惹きつけるために、カジュアルレストランのようなおしゃれな外装や内装のラーメン屋も増えてきました。ただ、外観からラーメン屋だと分からないようでは、見込み客にラーメン屋としての存在を知ってもらうことができません。

その点、赤地に白文字で書かれた「ラーメン」の暖簾がかかった定番のお店はラーメン屋であることが一目瞭然で、暖簾自体がお店の看板のような存在になります。もしも、外観から一目でラーメン屋だと分からない場合は、店舗入り口付近に「本日のオススメ」「当店の人気ラーメン」など、ラーメンを提供しているお店だと分かるような看板を設け、アピールしましょう。

ソーシャルメディアを活用する

ネット社会の現代に欠かせないのが、ソーシャルメディアを活用した集客です。FacebookやInstagram、LINE@などを活用して集客している飲食店は多く、不特定多数の見込み客に対して自店をアピールすることが可能です。

たとえば、ホームページを作成する余裕がない場合は、Facebookに店舗情報を載せておけばホームページ代わりに利用できます。期間限定のイベントやキャンペーン、新メニューの発表などにも対応できます。

ソーシャルメディアは世界中で多くの人が利用しているため、海外向けに英語でも案内があれば、海外の見込み客にアピールすることも可能です。食欲をそそるような美味しそうな写真を撮って、Instagramにアップするのも良いでしょう。

LINE@を活用すれば、メールマガジンのように情報を定期配信することも可能ですし、来店されたお客様向けにスタンプカードやクーポン券を発行することもできます。このように、ソーシャルメディアを活用すれば、集客の幅もさらに広がります。

クチコミを広めてもらう

新規オープンのラーメン屋の場合、まずは新規顧客を確保することが何より重要です。そのためには、最初の一歩として家族や友人、知人など経営者やスタッフの人脈やコネクションを大いに活用します。友人や知人を招いて、試食会を開いても良いかもしれません。そして、ラーメンを食べてくれた人にそれぞれの家族や友人、知人に自店のクチコミを広めてもらえるよう協力を仰ぎましょう。

1人のお客様から2人、3人に、またそのお客様が2人、3人とクチコミを広めてくれることで、徐々に新規顧客を確保することにつながっていきます。

外国人観光客への対応

ラーメン好きな外国人観光客をターゲットにするのなら、外国人向けにメニューを用意したり、語学に長けたスタッフを雇ったりするなどの工夫も必要です。また、同様にFacebookやInstagramなどにも英語表記をすることで、海外のラーメン好きな見込み客の興味を引くことにもつながっていくことでしょう。

さらに、2020年には東京大会が開催されます。2020年に向けて長期的なスパンで集客を考えたとき、外国人観光客への対応は必須となってくると考えられます。

リピーター客を増やすためにできる工夫

Alt text

新規顧客を確保することができたら、次はリピーター客を増やすための手立てが必要になります。安定的な売り上げを確保するためには、リピーター客の存在は必要不可欠といえます。リピーター客を増やすためのヒントについて説明します。

顧客管理

リピーター客を増やすためには、顧客管理が大切です。メンバー制度を作ってお客様の名前やメールアドレスを登録してもらったり、LINE@に友達登録をしてもらったりなど、お客様とのつながりを持つ必要があります。

お客様とのつながりを作れれば、メールやLINE@を通して来店のお礼メールを送ったり、イベントやキャンペーンの開催を知らせたりすることでお客様の興味を引くことが可能です。

次も来店したくなる仕掛けを考える

一般的に、ラーメン店を含む飲食店においては、お客様に3度来店してもらえると、リピーター客として定着する確率が高くなるといわれています。新規顧客をリピーター客にするためには、1度来店しただけで飽きさせず、2回目・3回目も来店したくなる仕掛けを考えることが大切です。

たとえば、会計の際に期間限定のクーポン券やスタンプカードを配布するのもひとつです。また、接客の丁寧さを心がけることで、お店への印象を強めるというのも有効な手段といえます。

新規オープンの際に、Squareギフトカードに少額をチャージしてプレゼントするのも良いでしょう。何度もチャージして使い続けられるので、リピーター客になることが期待できます。ぜひ導入を検討してみてください。

オリジナルデザインのギフトカードを導入

自店限定カードを作る
ギフトカードを注文する

ぜひ、新規顧客を獲得してリピーター客に育て、安定した経営ができるようさまざまな工夫を凝らしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

好きを仕事に!行列のできるラーメン屋を開業するには
雰囲気や味が変わる?!飲食店経営に欠かせないBGM効果

執筆は2018年6月11日時点の情報を参照しています。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。
Photography provided by, Unsplash

さらに詳しく

業務効率化に役立つPOSシステム

あなたの事業の成長に合わせて使えるPOSシステムです。

無料アカウントを作成

詳細はこちら

最新の情報や使い方のヒントなどを直接あなたのメールボックスへ。

事業成長やマーケティング、会計のヒントなどの特集やアドバイスが満載。