リピーター客をもっと身近に!ビジネスにはLINE@

Alt text

ビジネスを展開する上で、商品やサービスのファンであるリピーター客の存在は欠かせません。以前、コストをかけずにリピーター客を獲得するヒントを紹介しましたが、今回はリピーター客との距離を近づけるツールを取り上げます。

プライベートのやりとりにコミュニケーションアプリのLINE(ライン)を使っている方も多いのではないでしょうか。個人間のやりとりに利用するLINEとは別に、情報発信や集客に活用できるビジネス版LINEがLINE@(ラインアット)です。日本国内で月間7,000万人(※2017年7月時点)以上がLINEを利用しているそうです。LINE@を使うことでLINEを利用しているお客様との距離をぐっと縮めることができます。企業、ブランド、商品やサービスの魅力をお客様に発信できるさまざまな機能が備わってるLINE@を紹介します。

※ビジネス版LINEには、他にLINE公式アカウントなどのサービスがありますが今回はLINE@に特化した記事です。

参考:ビジネス利用が可能な「LINE@」とは(LINE@公式ブログ)

機能

Alt text

お客様への情報発信や集客に活用できるLINE@にはどのような機能があるか、3つに分けて紹介します。

メッセージ配信機能

スマートフォンアプリやパソコンの管理画面から、自社アカウントを友だちとして登録しているお客様にメッセージを一斉に配信することができます。また、クーポンやアンケート機能もあるので、メッセージ以外のコンテンツを配信することも可能です。作成したクーポンをアンケート回答者に限定して配信するなどさまざまなシーンで活用することができるでしょう。

1:1トーク機能

お客様からの個別なお問い合わせに対して、LINEのトークと同様に直接コミュニケーションできます。スマートフォンやパソコンから、いつでもお問い合わせに対応可能です。例えば、空席照会や商品のお問い合わせに活用してはいかがでしょうか。

タイムライン機能

お客様のLINEアカウントのタイムライン上に情報を投稿することができます。お客様は「いいね」やコメントをつけることができるため、お客様とのコミュニケーションの場にもなります。

メリット

Alt text

LINE@は他の方法と比べてどのようなメリットがあるのでしょうか。LINE@をおすすめする理由を挙げてみました。

無料で利用可能

LINE@は、無料でもメッセージ配信やタイムライン投稿などさまざまな機能を利用することができます。そのため、集客に予算を回すことが難しい中小企業でも導入可能です。有料プランを選択すれば、より多くの機能を利用できます。まずは、無料のフリープランから始めてみてはいかがでしょうか。

フリープラン
・月額費用:0円
・月間配信通数:有効友だち数× 吹き出し数 1,000通まで
 (例)有効友だち数が500人の場合、全ての友だちと月間2吹き出しまで無料
・月間タイムライン投稿数:4回まで

その他有料プランの詳しい内容は、ウェブサイトを確認してください。

メッセージを開封する可能性が高い

お客様がプッシュ通知を受け取ることができるよう設定している場合、お客様がメッセージを受信するとスマートフォンの画面にポップアップが表示されます。そのため、チラシやメルマガなどと比べてお客様が内容をきちんと確認する可能性が高いと言えるでしょう。注意点としては、頻繁にメッセージを送信するとお客様が鬱陶しいと感じ、プッシュ通知機能をオフにすることが考えられるので、利用するときは大切なお知らせの時に限定する必要があります。

お客様登録がかんたん

お客様はQRコードにスマートフォンをかざしたり、LINE IDを入力するだけでかんたんに企業やお店のLINE@に友だちとして登録することができます。氏名やメールアドレスの登録が必要なメールマガジンなど他の方法と比べて、お客様にとっては登録に手間がかからず、企業にとってもより多くのお客様の登録を目指すことが可能です。店内のポスター、レシートやショップカードにQRコードを印字し、お客様に登録してもらいましょう。

作成方法

Alt text

LINE@アカウントを開設するには、審査を行わない一般アカウントや、認証済みアカウントに申し込む方法があります。

一般アカウント
個人、法人問わず、誰でもLINE@のアプリ上から取得できるアカウントです。基本機能は認証済みアカウントと変わらず、有料プランへの変更も可能です。

認証済みアカウント
審査を通過することで認証済みバッジが付与され、LINEアプリ内でのキーワード検索結果にも露出されるようになります。さらに一部の機能や決済手段などが拡張されます。認証済みアカウントに申し込むことが出来る業種及びカテゴリは次の通りです。

・店舗、施設
・企業、団体、機関
・ECサイト、Webサービス
・商品、サービス、ブランド
・メディア
・スマートフォンアプリ
・キャラクター
・イベント

参考:プラン・料金(LINE@)

詳細はウェブサイトを確認しながら進めましょう。

またアカウント開設後も、操作方法が分からない、効果的な使い方が知りたいという企業向けにLINE@カレッジという無料の勉強会を開催しているそうですので、上手に活用しましょう。

LINE@は、リピーター客との距離を縮め、関係をより強固にするためのツールです。新規のお客様に商品やサービスを知っていただくためには、認知がまず大切です。新規のお客様には看板の作り方など外観を工夫してみたり、facebookを活用するなどソーシャルメディアを利用してみましょう。

お客様にとっても企業にとっても手軽で便利なLINE@。ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

執筆は2017年9月21日時点の情報を参照しています。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。
Photography provided by, Unsplash

さらに詳しく

機能満載のPOSシステムがここまで身近に

あなたの成長に合わせた Square POSシステム

無料アカウントを作成

詳細はこちら

最新の情報や使い方のヒントなどを直接あなたのメールボックスへ。

事業成長やマーケティング、会計のヒントなどの特集やアドバイスが満載。