飲食店がLINE@で集客するヒント

Alt text

以前、「リピーター客をもっと身近に!ビジネスにはLINE@」の記事で、LINE@の機能や作成方法を紹介しました。

今回は飲食店経営者に向けて、LINE@を活用するヒントを紹介します。

LINE@とは

LINE@(ラインアット)は、個人間のコミュニケーションに使われているLINE(ライン)のビジネス版です。料理やサービス、お店の魅力をお客様に発信できるさまざまな機能が備わってるLINE@は、お店とお客様の距離を近づけ、集客やブランディングに役立つツールです。

各機能について詳しくは、公式ホームページを確認してみてください。

飲食店でLINE@を導入する3つのメリット

Alt text

LINE@がビジネス向けだとは知っているけれど、お店で使う必要性が感じられない人もいるかもしれません。LINE@を導入する3つのメリットを紹介します。

メールよりも開封される可能性が高い

マーケティング手法のひとつにメールマガジンがありますが、メールの場合は迷惑メールに振り分けらたり、毎日大量にメールを受信している人は気づかなかったりすることも考えられます。

一方、LINE@ならお客様がプッシュ通知機能をオンにしている場合、メッセージが届いたときに通知表示や音で気づきやすく、開封される可能性が高くなるでしょう。開封率が少しでも高まれば、集客につながるチャンスが増えることになります。

多額のコストをかけずに集客できる

LINE@を導入するメリットに、多額のコストをかけずに導入できることが挙げられます。3つの料金プランが用意されており、メッセージ配信数やタイムライン投稿数などに制限はありますが、無料で導入することも可能です。

詳しい料金プランは、公式ウェブサイトを確認してみてください。

プラン・料金(LINE@)

リピーター客の獲得が期待できる

友達登録をしている人は、お店に一度は来たというお客様が多いでしょう。このようなお客様とコミュニケーションをとれるLINE@は、よりお客様との距離を縮め、リピーター客を増やせるツールです。

飲食店がLINE@を活用して集客するためのヒント

Alt text

では実際に、飲食店でLINE@を導入する場合、どのように集客を行えば良いのでしょうか。集客のためのヒントを3つ紹介します。

LINE@アカウントを告知する

LINE@を導入しても、その存在をお客様に知ってもらわなければ、宝の持ち腐れになってしまいます。まず、お客様にお店のLINE@アカウントを知ってもらう必要があります。告知を行う方法として、次の3つが挙げられます。

店頭で告知する
店頭で告知する場合は、店内にQRコードが印刷されたポスターを掲示したり、各テーブルにQRコードの入ったポップを置いたり、会計のレジ横にQRコードを印刷したショップカードを置いたりする方法があります。既存のお客様から口コミで広がる可能性が高いため、来てくれたお客様には積極的に告知しましょう。

ホームページやソーシャルメディアで告知する
お店のホームページやブログ、ソーシャルメディア、メールマガジンなどを通してLINE@アカウントの開設を知らせましょう。その際、「友だち追加ボタン」や「QRコード」を設置しておくと、お客様はスマートフォンから簡単に友達登録ができます。

チラシやフリーペーパーなどの広告を利用する
店頭やオンライン以外の告知方法として、チラシやフリーペーパー、地域情報誌などの広告を利用する方法もあります。

メッセージの配信頻度を考える

LINE@での配信頻度は多いほど良いという訳ではありません。頻度が高すぎると、メッセージを受け取ったお客様が迷惑に感じる可能性があります。逆に、配信が少なすぎても存在感が薄くなってしまうかもしれません。

LINE@の公式ブログではメッセージ配信は月に2~4配信、タイムライン投稿は週に1~3記事が目安として紹介されています。あくまでも、目安ですので、お客様の反応を見ながらタイミングや頻度を独自に変えていくことをオススメします。また、お店のキャンペーンや新メニューのお披露目などのタイミングにもしっかりアピールしておきましょう。

参考:最適な配信頻度・タイミングは?(LINE@公式ブログ)

ビジネスの成長に合わせたPOSレジアプリ

Square POSレジを設定
無料のアカウントを作成

写真や動画で一層の興味をひきたてる

テキストのみのメッセージだと、開封されても文字ばかりで、読みたいと思わないお客様もいるかもしれません。

文字だけでなく、写真も一緒に投稿し、お客様の興味を惹きつけましょう。たとえば、焼き立てのハンバーグの断面から肉汁がたっぷりと出ている写真やインスタ映えしそうなスイーツなどを投稿することで、お客様の興味をかきたて、インパクトを与えられるでしょう。

さらに、よりシズル感や臨場感を出したい場合は、「リッチビデオメッセージ」を活用することをオススメします。リッチビデオメッセージでは、お客様がLINE@のトークルームに入った時点で自動的に動画が再生されます。ハンバーグがジュワッと焼ける様子や、グツグツ煮込まれるスープの様子などでお客様の食欲をそそりたいときなどに活用しましょう。

参考:リッチビデオメッセージの作成(「プロ」「プロ(API)」プランのみ利用可能)(LINE@マニュアル)

LINE@を活用して、集客と売り上げ拡大を目指してみてはいかがでしょうか。

関連記事

飲食店経営者なら知っておきたい!軽減税率について
売上げアップに必ず繋がる集客法〜飲食店編

執筆は2018年4月13日時点の情報を参照しています。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。
Photography provided by, Unsplash

さらに詳しく

業務効率化に役立つPOSシステム

あなたの事業の成長に合わせて使えるPOSシステムです。

無料アカウントを作成

詳細はこちら

最新の情報や使い方のヒントなどを直接あなたのメールボックスへ。

事業成長やマーケティング、会計のヒントなどの特集やアドバイスが満載。