ECサイトを始めるには〜中級編〜

alt text

地域をこえて地元の農産物や特産品を紹介したい、ハンドメイドの自慢の作品を世界中に届けたい、と考える人はインターネットの普及に合わせて増えているかもしれません。ECサイトの開設はそんな思いを実現させる第一歩です。

今回は初級編に続き、中級者向けにECサイトでも使える世界で人気のウェブサイト作成サービスWixとWeeblyを紹介します。

初級編では、手軽にECサイトを始めたいという人のために、数クリック、数分でオンラインストアを開設できるサービスと、インターネット上のショッピングモールに出店する方法を紹介しました。

実店舗での販売と合わせて、ECサイトを開設することで立地や営業時間の制約なく、国内はもとより国外までより多くのお客様を相手に商品やサービスを販売することができます。

今回はECサイトについてはすでに概要を把握している、またはすでに開設と運用を経験済みだけどもう少し凝ったデザインや便利な機能を試してみたいという中級者を対象にECサイトの始め方を紹介します。

世界で人気のドラッグ&ドロップでデザイン性の高いECサイトを作れるWixとWeeblyについて紹介し、Squareと連携したクレジットカード決済について説明します。

それではさっそくWixとWeeblyについてみてみましょう。

ドラッグ&ドロップでECサイトをデザイン

alt text

2006年にWixはイスラエルで、Weeblyはアメリカで創業されました。海外のサービスですが、どちらも日本語に対応しています。豊富なテンプレートの中から事業のイメージに合ったものをみつけ、カスタマイズしていくことでECサイトを作成できます。プログラミングの知識はもちろんデザインの専門知識がなくても、スタイリッシュなサイトを作れるのが特徴です。

Wix

世界中に1億人以上のユーザーがいるという、Wix。豊富なテンプレートや素材を使ってデザインにこだわったウェブサイトを手軽に作れることから人気を集めています。

無料でウェブサイトを作れるプランだけでなく、プレミアムプランの一つとして、ECサイトに特化した月額1,700円(年額プランの月額換算金額)のプランがあります。500種類以上のショップ向けのテンプレートがあり、イメージにぴったりのECサイトを作成できそうです。

詳しくは、Wixストアをご覧ください。

パソコンとモバイル両方に対応したECサイトを簡単に開設できるだけでなく、運用にあたって重要な受注管理機能、クーポンやメールマガジン発行機能もあります。ビジネスに欠かせないSEOやアクセス解析のためのツールもあります。お客様に対してはクレジットカードなどのオンライン決済はもちろん、銀行振込を選ぶこともできます。海外からの注文にも対応できます。

モバイルにも対応していることから、モバイル経由での販売が多い、または今後増えると考えられる事業を営んでいる経営者には重要なポイントといえるでしょう。

利用料金はかかりますが、販売ごとの金額に応じた販売手数料はかからないため、一定の販売量を期待できる事業や、ECサイトのデザインにこだわりたいという場合には検討してみる価値はありそうです。

Wixに興味を持ったら、まずは無料プランでWixの使い勝手を体験してみてはいかがでしょうか。また、有料プランには14日間の全額返金保証があります。

Weebly

WeeblyはWix同様、世界的に有名なウェブサイト作成サービスで、世界中に5,000万人の顧客がいるといわれています。テンプレートを選んで、必要なパーツをドラッグ&ドロップしながら直観的にウェブサイトをデザインできます。

ECサイトでは月額25ドル(年額プランの月額換算金額)のビジネスプランを利用するとよさそうです。テンプレートの数はWixと比べて限られていますが、シンプルでスタイリッシュなテンプレートが提供されています。

詳しくは、Weebly eコマースをご覧ください。

パソコンとモバイル両方に対応したECサイトを簡単に開設でき、サイトの運用にあたってなくてはならない商品管理ツール、メールマーケティングのためのツールも用意されています。クーポンの発行も可能です。お客様に対してはPayPalやクレジットカードといった決済手段を提示できるので、海外からの注文にも対応可能です。利用料はかかりますが、販売ごとの金額に応じた取引手数料はかかりません。

Weeblyの最大の特徴は200以上のアプリと連携して一つのダッシュボードからビジネスを一望できる点にあるといえるかもしれません。

Weeblyを試してみたいという方は無料プランを利用してみるとよいでしょう。本格的Weeblyを使ってみたい場合は、月極めのアカウントを除き30日間の返金保証があるので、安心して有料プランを試すことができます。

スマホやタブレットでカード決済を受け付ける

Squareでカード決済
無料のアカウントを作成

Squareを連携させてクレジット決済を可能に

alt text

WixとWeeblyで開設したECサイトではクレジットカード決済ができることを紹介しました。クレジットカードでの支払いを受け付けるにはSquareとの連携が必要です。

Squareを連携させた場合、利用可能なカードブランドはVisa、MasterCard、American Expressで、取引ごとに3.6%の決済手数料がかかります。

決済手数料はかかるものの、さまざまなメリットがあります。まず、お客様にとっては、銀行振込をする手間がかからず、利便性の高いクレジットカードで支払えます。事業者側のメリットとしては、ECサイトと実店舗の両方でSquareを利用することで、取引履歴を一つにまとめられる点があります。一箇所でデータを俯瞰することができれば、経理処理の手間が軽減されるだけでなく、販売傾向などを把握しやすくなることでしょう。WeeblyについてはSquareの在庫管理機能と連携させることもできます。また、売り上げはSquareの振込スケジュールで入金されるため、最短で決済日の翌日に売上金を受け取れます。

連携の方法や連携によって何ができるようになるのか詳細はSquareのヘルプセンターをご覧ください。

WixとSquareを連携する(Squareヘルプセンター)

WeeblyとSquareを連携する(Squareヘルプセンター)

初級編に続いて、世界で人気の2大サービスWixとWeeblyについて説明しました。グローバルスタンダードのデザイン性の高いECサイトを開設して、世界に向けて自慢の品を販売して行きたいという方はぜひWixやWeeblyの利用とSquareとの連携について検討してみてください。

関連記事

ECサイト向け!セールやキャンペーンを使った集客のアイデア
越境ECで世界へ!越境ECのメリットと導入の手順

執筆は2018年12月21日時点の情報を参照しています。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いせん。
Photography provided by, Unsplash

クレジットカード決済を導入する

Visa、Mastercard、American Express、JCB、Diners Club、Discoverの6ブランドが利用可能です。

無料アカウントを作成

詳細はこちら

最新の情報や使い方のヒントなどを直接あなたのメールボックスへ。

事業成長やマーケティング、会計のヒントなどの特集やアドバイスが満載。