弁理士が独立開業するには

Alt text

知的財産の専門家として幅広い業務に携わる、弁理士。弁理士の中には、特許事務所や企業の知財部に勤めつつ、いつかは独立したいと考えている人もいるのではないでしょうか。

今回は弁理士の独立開業について解説します。

独立開業するメリット

Alt text

時間の融通が利く

組織で働いている場合は、所属する企業の規則で定められた就業時間に合わせて働くことになります。打ち合わせなども、同僚や上司と時間を調整する必要があります。独立すれば、自分の都合に合わせて働く時間を調整できます。

収入アップの可能性

独立すると、仕事の成果がダイレクトに収入に結びつきます。自分の頑張りが目に見える形で反映されることで、日々の仕事に向かうモチベーションにもつながるのではないでしょうか。

得意分野で力を発揮

組織に所属している間は担当する案件を自分の意思だけで選ぶことは難しいですが、独立すると得意分野を中心に引き受け、力を発揮することもできます。また、ウェブサイトなどで得意分野をアピールして、特定のクライアントにターゲットを絞って集客してみると効果があるかもしれません。

必要な手続きや費用など

Alt text

弁理士資格を取得し、日本弁理士会への登録が済んでいる人が個人事業主として独立する場合は、通常と同様、開業届を税務署に提出する必要があります。また、確定申告を「青色申告」で行う場合は「青色申告承認書」も併せて提出しましょう。

参考:

[手続名]個人事業の開業届出・廃業届出等手続(国税庁)
[手続名]所得税の青色申告承認申請手続(国税庁)

詳しくは、国税庁の情報を確認しながら手続きを行ってください。

また、事務所用に物件を借りる場合、保証金や賃料、備品などある程度初期費用が発生することも念頭に置きましょう。

開業後の集客方法

Alt text

独立後のクライアント開拓方法は、さまざまです。それまで培ってきた人脈を通じてクライアントを紹介してもらうのもひとつの方法です。しかし、そのような人脈がない場合、始めは自分の得意分野での集客を試みてもよいかもしれません。

また、商工会議所や各種交流会、イベントへの参加を通して、人脈を広げてみてはいかがでしょうか。他にも、大学や企業、公的機関などでセミナー講師を引き受けるという方法もあります。講演から受注がくることもあるでしょう。人前で話すことが得意な方は、このような集客方法に挑戦してみても良いのではないでしょうか。

独立時にはウェブサイトを作成し、得意分野をアピールしたり、専門コラムを書いたりしてより多くの人たちに知ってもらう入り口を設けておきましょう。

「自分を売り込む集客ツール『プロフィール』の書き方」の記事もぜひ参考にしてみてください。

さらに弁理士関連のポータルサイトなどに登録しておけば、弁理士を探している人から問い合せが来るかもしれません。すでに独立している弁理士に集客方法を聞いてみるのもよいでしょう。

オンラインで送信・管理ができる請求書

Square 請求書を導入する
無料のアカウントを作成

本業に注力するためには

独立後、経理や総務の業務にかかる手間に悩む人もいるかもしれません。こうしたバックオフィスの作業にかかる時間や労力をなるべく省力化し、本業に注力したいと思う人も多いのではないでしょうか。

たとえば、法人を設立しているなら、法人名義のクレジットカードを利用するのもひとつの方法です。現金を持ち歩かずに済み、銀行に振り込みに行くことも減るのでないでしょうか。また、現金取引が減れば、預金を引き出し回数も少なくなるため、時間を有効に使えます。

請求書に関しても、ツールを活用すれば業務を効率化できます。たとえばSquare 請求書なら、簡単にパソコンやスマートフォンを使って請求書を作成し、クライアント宛にメールで送信できます。請求書を受けとったクライアントはその場でクレジットカード決済ができるため、請求金額が振り込まれたかどうかを確認する手間が減ることが期待できます。事務作業を大幅に軽減できることに加え、パソコンやスマートフォン上で売り上げデータの管理もできるため、事業計画の指標にもなります。また、顧問契約を結んでいる顧客には、継続課金という機能を使えば、毎月決まった額を自動で引き落とすこともできます。ぜひ導入を検討してみてください。

関連記事

上手に使って業務効率化!おすすめクラウド請求書5選+α
小さくて最強のビジネスツール!名刺の作成から発注まで

執筆は2018年2月23日時点の情報を参照しています。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。
Photography provided by, Unsplash

さらに詳しく

Square 請求書への登録

その場で請求書を送信して代金をすぐに入金

無料アカウントを作成

詳細はこちら

最新の情報や使い方のヒントなどを直接あなたのメールボックスへ。

事業成長やマーケティング、会計のヒントなどの特集やアドバイスが満載。