呉服屋でも必須!?クレジットカード決済

Alt text

日本文化の象徴である着物。外国人観光客向けの着付け体験やレンタル着物が人気を集めていますが、少子化や婚姻件数減少の影響から着物市場の規模は縮小傾向にあるようです。

参考:呉服市場に関する調査を実施(2018年)(株式会社矢野経済研究所)

着物に馴染みのある世代の高齢化によって、今後メインのターゲット層となる求められるサービスにも変化があることが考えられます。呉服屋も他の小売店と同様、集客方法の変更や他店との差別化を図る必要があります。

今回は、伝統をつなぐ呉服屋で競合との差別化を図る方法のひとつとして、クレジットカード決済を導入するメリットや懸念点について解説します。

カード決済導入で他店との差別化

Alt text

最近では、さまざまな方法で着物を手に入れられます。呉服屋に足を運んで購入することはもちろん、オンラインショップで購入することもできます。また、購入しなくとも、レンタルショップで着物を借りる人もいるでしょう。

このような中、専門店ならではのきめ細やかなサービスや、経験豊富な職人とのつながりなど、自店にしかない「ウリ」を改めて考え、アピールすることが大切です。また、他の呉服屋との差別化のために、クレジットカード決済を導入する方法もあります。

クレジットカード決済導入のメリット

Alt text

客単価が上がる

支払い方法が現金のみの場合、一括での支払いが難しいことで着物の購入を諦めてしまうお客様もいるかもしれません。クレジットカードなら、お客様の都合に合わせて支払いの回数を分けることができます。また、実際の引き落とし日まで時間があるので、支払いの用意に余裕が生まれます。そのため、支出の多い時期や給料日前といった現金の持ち合わせが少ない時期でも、欲しい着物を諦めずに済むかもしれません。

また、着物を購入したついでに、帯留めや履物など関連商品や、上位商品の購入につながることも考えられます。

客層が広がる

クレジットカードでの買い物時には、多くのカードで支払い金額に応じたポイント還元を受けることができます。還元率はカードによって異なりますが、このポイント還元を目当てに高額な買い物はクレジットカードを利用するという人も少なくありません。

お客様に合わせて仕立てる着物は特に高額な商品となるため、せっかくならポイント還元を受けられるクレジットカードで支払いたいという気持ちも沸きやすくなるでしょう。

また、近年は人気アニメの影響で日本文化に興味を持つ人や、「歴女」「歴男」と呼ばれる歴史好きの人も増えています。趣味を追究していくうちに本物、良い物が欲しくなるということもあるかもしれません。こういったお客様が店舗を訪れた際にも、支払方法としてクレジットカード決済を選ぶことができれば、新たな顧客獲得の機会につなげられます。

さらに、クレジットカード決済が使えることは外国人観光客に対してもアピールポイントとなります。他国と比べると、日本はまだまだクレジットカード利用率が低いようです。

参考:ビジネスの可能性(三井住友カード株式会社)

この背景には、日本では現金払いが主流であることや、カード払いがしたくても取り扱いがないなどの理由があります。日本よりカード利用率の多い国からの旅行者の中には、旅行中に欲しい物があってもカード払いの選択肢がなければ買い物を諦めてしまう人もいるでしょう。

支払いがスムーズ

成人式や七五三、卒業式など混雑する時期に、会計が続いてお客様をお待たせしてしまうことはありませんか。クレジットカードなら、お客様にとっては現金を数えたり確認したりする手間が省け、店舗にとってはレジ締め業務も現金の取り扱いが減れば時間短縮になります。また、カード払いのお客様が増え、店舗に置く現金が少なくなれば防犯効果も高まります。

ネットショップには必須

インターネットで買い物をする人は年々増加しています。

参考:平成29年度版情報通信白書(総務省)

着物を取り扱うネットショップでは、手に取りやすいリーズナブルな浴衣や、自宅で洗える着物などが人気を集めているようです。呉服屋でもネットショップを持ち間口を広げれば、広い層のお客様に購入してもらえるようになります。実店舗がある事業のネットショップは安心感を与えやすく、呉服屋がネットショップを開店した場合、ネットショップの最初のハードルである「信頼性の獲得」は越えやすいと考えられます。

ネットショップ利用時の支払い方法として、6割以上の人がクレジットカードを選択しており、ネットショップの運営にはクレジットカード決済の導入が不可欠といえるでしょう。

参考:平成26年度版情報通信白書(総務省)

スマホやタブレットでカード決済を受け付ける

Squareでカード決済
無料のアカウントを作成

懸念点

費用

クレジットカード決済の導入を迷っている人の中には、導入費用や月額料金に不安を感じている人も多いのではないでしょうか。たしかに、カード会社と直接契約する従来の方法では、カードを使用するための決済端末の購入や設置費用などで、導入に高額な費用がかかっていました。しかし最近では代行会社を通しての契約が一般的となり、初期費用は無料もしくは非常に安価で利用できるようになっています。

考えられるコストとカード決済によって得られるメリットと照らし合わせみてはいかがでしょうか。

Square のカード決済なら、普段お使いのスマートフォンやタブレット端末といったモバイル端末でクレジットカード決済を受け付けられます。かかるコストは専用のICカードリーダー(4,980円)の購入のみなので、導入コストを抑えられます。

また、Square 請求書なら、メールでお客様に請求書を送付し、受け取ったお客様はそのままクレジットカードで決済することができます。振込や現金の引き出しのため金融機関の窓口に行く必要や、現金を持って店舗に足を運ぶ必要もありません。

支払い方法の選択肢を提供することはサービスのひとつです。カード決済を導入することで顧客満足度の向上も期待できます。日本の文化を伝える呉服屋では、お客様を「おもてなし」する方法のひとつとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

実店舗にクレジットカード決済を導入するメリット
モノ消費からコト消費へ!日本ならではの体験を求める訪日外国人旅行者

執筆は2018年7月25日時点の情報を参照しています。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。
Photography provided by, Unsplash

さらに詳しく

Squareのクラウド請求書を導入する

その場で請求書を送信して代金をすぐに入金

無料アカウントを作成

詳細はこちら

最新の情報や使い方のヒントなどを直接あなたのメールボックスへ。

事業成長やマーケティング、会計のヒントなどの特集やアドバイスが満載。