Squareだけの、対面カード決済の保護プログラム始まります

Alt text

対面取引におけるカード決済の保護を日本で初めて提供する「対面決済安心プログラム」が、2018年4月1日(日)から始まります!

このプログラムは、SquareのIC カードリーダーを使ったクレジットカード決済でチャージバック(※)が発生した場合に、その決済について加盟店に生じる返金責任を毎月最大10万円まで、Squareが負担するものです。追加の料金やお申し込みは要りません。すべてのSquare加盟店の、以下の条件を満たす決済がプログラムの対象です。

※チャージバックとは、クレジットカード保持者(名義人)が支払いに同意せず、カード会社が支払い異議申し立てを認めた場合に事業者が返金責任を負うこと。

対象条件

  • 2018年4月1日〜2019年3月31日の期間内で取引された決済
  • チャージバックが成立し、その理由が「利用否認」または「有形商品の未受領」の場合
  • 本プログラム内容に同意したSquare加盟店

Squareは、事業者が本来の業務に注力できるよう、予期せぬトラブルを少しでも取り除きたいと考えています。「支払い異議申し立て」や「チャージバック」は、対面決済において日常的に発生するものではなく、正しい知識や決済方法で防げるケースも少なくありません。ただ、万一に備えたプログラムをご用意することで、事業者のクレジットカード決済に対する漠然とした不安が軽減され、加盟店の皆様が安心してご利用いただけるならばとの想いから、今回、「対面決済安心プログラム」を提供します。

Squareは、商いに情熱を注ぐすべての事業者の役に立つツールを、今後も開発、提供していきます。

さらに詳しく

クレジットカード決済を導入する

Visa、Mastercard、American Express、JCB、Diners Club、Discoverの6ブランドが利用可能です。

無料アカウントを作成

詳細はこちら

最新の情報や使い方のヒントなどを直接あなたのメールボックスへ。

事業成長やマーケティング、会計のヒントなどの特集やアドバイスが満載。