今すぐモバイル端末で使えるおすすめPOSアプリ6選

alt text

以前ご紹介した会計目的のレジはもう古い!?POSシステム導入のすすめでは、商品が売れた時点で売り上げに関する情報(何がいつどれだけ売れたのか)や在庫情報などを自動的に記録・管理するシステムであるPoint Of Sales(販売時点情報管理)についてその特長と導入することのメリットをご紹介しました。

しかし、従来のPOS専用機は導入費用や維持費が高く、規模の小さい事業者にとっては決して導入しやすいものではありませんでした。また、操作が複雑で従業員がレジ操作を習得するのに時間がかかるという問題もありました。

そこで登場したのがPOSアプリです。スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末にアプリをインストールするだけで、POSレジを低価格で導入できるようになりました。また、画面を見ながら直感的に行える操作は金額の入力間違いなどのミスを防止します。従来の固定式のレジに比べ、場所を取らずに持ち運びも可能なので、店内の雰囲気を壊すこともありません。

インターネットを介して商品の売り上げなどの情報が記録されるため、アプリを管理するアカウントがあれば店舗にいなくてもその日の売り上げや在庫情報を確認することができます。

会計ソフトや決済サービスなどと連携もかんたんに行えるので、ビジネスに役立つ様々な機能を幅広く利用することができます。

このようなメリットを揃えたモバイルPOSアプリは多く提供されていますが、今回はSquareがおすすめする6つのPOSレジアプリをご紹介します。

poscube(ポスキューブ) / フォウカス

alt text

飲食店に特化して提供されているPOSアプリです。売上分析や在庫管理などの基本的なPOS機能に加えて、飲食店運営の効率を上げるオーダーエントリーシステムが充実していることが特徴です。

例えば、登録してある商品でも追加トッピングやご飯の量を少なくしたりとオプションを付けた注文を受け付けることができるオプション付き商品注文機能や、商品の値段をフリーで入力できるフリー単価(時価)設定などの機能があります。

テーブルの追加・分割もかんたんに行えるので、混雑時などの対応も臨機応変に行えます。また、ハンディターミナルとして利用できるモバイル端末を増設することで、複数の従業員が注文を同時に受けられるようになります。

他にも、顧客・予約システムなど各種サービスと連動させることができ、POSを戦略的に利用することが可能です。各種クレジット決済サービスともアプリ連携しています。

導入時には、担当営業が付き、経営者の考える店舗環境や運用方法などのヒアリングを十分に行った上で、各飲食店向けに完璧にカスタマイズしたシステムや関連機器を決めていきます。経営者が準備しなければいけないものはインターネット環境に繋がったスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末のみです。運用開始前にはPOSレジや関連機器の操作に関するトレーニングサポートも受けられます。

poscube(ポスキューブ) http://pos-cube.com/

ubiregi(ユビレジ) / ユビレジ

alt text

ユビレジの特長は、充実した利用プランとサポートのラインナップです。月額利用料が無料のプランから、ユビレジの全ての機能をカスタマイズして利用できるものまで、レジの用途や店舗規模、飲食業・小売業などの業種に合わせて選ぶことができます。プランによっては電話サポートを受けることもできます。

POSレジ利用に必要なインターネット回線の開通からレジ導入までの全ての作業をユビレジに依頼することができ、他にも、モバイル端末と周辺機器の設置だけを依頼したり、商品登録やレジの操作講習だけをお願いすることもできたりと、導入サポートも豊富に準備されています。周辺機器の購入サポートもあります。

機能面では、レジとしての基本的な機能はもちろん、様々な外部サービスと連携しているので、例えば、お客様の来店・購入履歴が一目で把握できる顧客管理や、発注や仕入れ業務をアプリとクラウドで管理する在庫管理サービスなど、売り上げの向上に効果的な機能の利用が可能です。

iPadや周辺機器のお試しレンタルもできるので、手厚いサポートのもと、店舗に最も適したレジ環境を慎重に選ぶことができます。

ubiregi(ユビレジ) https://ubiregi.com/

EC-OrangePOS(オレンジポス) / エスキュービズム

alt text

会計や売上分析などのPOSの基本的な機能はもちろん、オーダーエントリーシステムや予約・在庫管理などの豊富な機能を持つEC-OrangePOSは、用途に合わせてスマートフォンやタブレット端末で使い分けることができ、多種多様な業態での店舗運営を実現します。

EC-OrangePOSの大きな特徴の一つに、操作性が挙げられます。例えば、飲食店向けにiPad miniで使用するハンディーターミナルがありますが、忙しい時間帯でも注文や配膳をミスなくスムーズに行うために、最小限のタップ数で操作が行えるようにデザインされています。

周辺機器も充実しており、バーコードリーダーをタブレットと連携させれば、売上データに基づいた理論在庫とバーコードリーダーで読み取った読み取った実際の在庫との差分をかんたんに把握・分析することができます。また、ECサイトとも連動しているので、オンライン販売と実店舗での販売の情報を混乱することなくかんたんに一元管理できます。

導入後は365日コールセンターによるサポートを受けることができます。

EC-OrangePOS(オレンジポス)http://ec-cube.ec-orange.jp/pos/

AirREGI(エアレジ) / リクルート

alt text

会計処理から売上分析まで様々なPOSの機能が無料で使えるPOSレジは、インターネットに繋がったスマートフォンやタブレットさえあれば、初期費用も月額費用も全て無料です。インターネットに接続されていない時でも使える機能があり、コストをかけずに幅広い機能を不自由なく使うことができます。

年々増え続ける訪日外人観光客の利用を見込んで、様々な決済サービスと連携しています。中国最大級の決済サービスであるAlipay(アリペイ)にも対応しており、訪日中国人の呼び込みに効果が期待されています。クレジット決済にはリクルート社製品の他に、SquareのICカードリーダーを利用することもできます。AirREGIのアカウントとSquareのアカウントを連携して素早いクレジット決済が可能です。

会計時には、売り上げに関するデータが自動的に集計されます。このデータは、AirREGIが連携している各種クラウド会計ソフトに取り込むことができるので、簿記の知識がなくても誰でもかんたんに会計帳簿作成や確定申告ができるようになります。

導入についての問い合わせや機能に関する質問などはメールですることができますが、時間帯によってはオペレーターとのライブチャットによるサポートも利用することができます。

AirREGI(エアレジ) https://airregi.jp/

スマレジ / スマレジ

alt text

機能の多さが特長のスマレジは、お客様に提供するサービスの品質維持を目的とした厳しいSLA(サービス品質保証)を取り入れています。設定した月間稼働率を下回った場合は、月間費用の一部を返還するなど、充実したサポート体制を整えています。

レジ待ちに対するお客様の不満を解消する仮販売(前捌き)機能や、取り置き機能、まとめ買いを促進するバンドル販売(例:商品を二個以上組み合わせて通常より安価で売ること)など、販売の現場から生まれたフィードバックをもとに、すぐに効果を発揮するような便利な機能が充実しています。

売上分析機能では、時間帯や曜日別に売り上げを項目別に分析できるだけでなく、パレート図を用いたABC分析などもかんたんに行なえます。お客様と対面しながらリアルタイムで在庫状況を確認できる在庫管理機能に加えて、プランによっては棚卸や店間移動などの高度な機能が使える在庫管理機能があります。

利用したい店舗数や、追加機能によって異なる料金のプランが用意されていますが、お試し期間の30日間は全ての機能が無料で使えます。運用開始後も、管理画面から利用プランをいつでも変更することができます。

免税店運営にも対応しているので、広いビジネスチャンスを狙えます。

スマレジ https://smaregi.jp/

Square POSレジ / Square(スクエア)

alt text

SquareのPOSレジは、小売店から飲食店まで業種を選ばずにお使いいただけるPOSレジアプリです。AppleにもAndroidにも対応しており、お使いのモバイル端末に無料アプリをインストールするだけでPOSレジがかんたんに導入できます。

周辺機器も充実しており、お客様の決済手段や希望に合わせて会計を受け付けることができます。クレジット決済に対応するためには、Squareの専用ICカードリーダーをPOSレジとして使用するモバイル端末に差し込むだけですぐに利用することができます。現金払いやギフトカード支払いにも対応しています。レシートプリンターを接続すれば、希望するお客様にレシートを印刷することもできれば、メールで直接送ることもできます。

クレジットカード決済手数料は3%台で、最短翌営業日に登録した銀行口座に自動で振り込まれるので、効率的な資金繰りに効果的です。

暗証番号で各従業員のレジへのアクセス権を管理することもでき、会計や払い戻しなどに対応した従業員を把握することができます。タイムカード機能を使えば、従業員一人ひとりの勤怠を一目で管理するができます。

レジで受け付けた会計のデータは自動的に集計され、いつでもどこからでもSquare データ上で確認することができ、顧客情報在庫情報と結びつけることもかんたんです。その場で支払いを完了しなくても、お客様のメールアドレスにオンライン請求書を直接送信して、スピーディーな代金回収を実現する請求書機能がお使いいただけますし、カード情報を保存すれば、定期購入などに役立つ継続課金に切り替えることもできます。

会計処理だけにとどまることなく店舗の運営や経営戦略に必要な機能をすべて一箇所でご利用いただくことができるのがSquareのPOSレジです。

Square POSレジ https://squareup.com/jp/pos

執筆は2017年4月4日時点の情報を参照しています。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、スクエアは責任を負いません。
Squareのクレジットカード決済をご利用には、Squareアカウントの作成と審査通過が条件です。
SquareのICカードリーダーや請求書機能、継続課金のご利用に際しては、こちらよりカード決済手数料をご確認ください。

さらに詳しく

機能満載のPOSシステムがここまで身近に

あなたの成長に合わせた Square POSシステム

無料アカウントを作成

詳細はこちら

最新の情報や使い方のヒントなどを直接あなたのメールボックスへ。

事業成長やマーケティング、会計のヒントなどの特集やアドバイスが満載。