宿泊施設経営者にオススメ! POSアプリ5選

Alt text

POS機能を搭載したPOSレジは、売り上げに関する情報を収集できる便利なレジです。

近年は、スマートフォンやタブレットで簡単に利用できるPOSアプリが登場しており、導入を考えている宿泊施設経営者もいるのではないでしょうか。しかし、POSアプリは種類が多いため、経営する宿にとって最適なアプリを選ぶのが難しい、と悩んでいる人もいるかもしれません。

そこで今回は、宿泊施設経営者にオススメのPOSアプリを厳選して紹介します。

「POS」とは?

POSは「Point Of Sales」のことで、「販売時点情報管理」と訳されます。POSを使うと、商品やサービスが売買された時点で、「いつ・何が・いくらで・いくつ売れたか」といった情報がシステムに記録されます。こうした情報を活用することで、無駄の少ない在庫管理はもちろん、販売戦略やサービスの改善にも役立ちます。

かつては据え置き型のPOSレジが主流でしたが、スマートフォンやタブレットの普及に伴い、端末にインストールするだけで使えるPOSアプリが登場してきました。POSアプリは飲食店や小売店でよく活用されていますが、宿泊施設の経営者にとっても、非常に便利なツールです。では、具体的なメリットを見ていきましょう。

POSアプリ導入のメリット

Alt text

低コストで導入できる

据え置き型のPOSレジと比較して、低コストで導入できます。サービスによって異なりますが、POSアプリの多くが、無料で会計や売り上げ分析といった基本機能を利用できます。また、すでに対応端末を持っていれば、アプリをインストールして、必要に応じて周辺機器を購入するだけです。専用の機器一式を揃える必要のある据え置き型に比べて、初期費用を抑えられるのが大きな魅力です。

さらに、運用コストについても、無料プランや低価格な手数料が用意されているサービスもあるため、多額の予算がなくても利用できます。

省スペースで利用できる

POSアプリなら、機器設置に広いスペースは不要です。据え置き型はどうしても場所を取りますが、タブレットやスマートフォンで利用するPOSアプリなら、必要なスペースは少なくて済みます。フロント周りの見た目をすっきりさせることができるうえ、空いたスペースを有効活用できます。

いつでも、どこでもデータにアクセスできる

クラウドを利用したシステムを使っているため、時間や場所を選ばずにデータにアクセスできます。

アカウントがあれば違う端末からもログインできるので、移動時間にデータを確認したり、リアルタイムで売り上げ分析や顧客分析を行えたりなど、時間を有効活用できます。

また、持ち運びが簡単なため、宿内で会計処理をするだけでなく、屋外に持ち出して使用することも可能です。

キャッシュレス決済に対応できる

POSアプリは、クレジットカードや電子マネーといったキャッシュレス決済への対応が容易です。クレジットカード決済サービスと連携させることで、現金決済だけでなく、クレジットカード決済も簡単に導入できます。

特に、近年は外国人観光客が増加傾向にあることから、キャッシュレスに慣れたお客様が宿泊する可能性が高まっています。支払い方法を増やすことで利便性がアップし、お客様に選ばれやすくなることが期待できます。

参考:明日の日本を支える観光ビジョン(国土交通省)

宿泊施設向けオススメPOSアプリ5選

Alt text

1, Square POSレジ/Square(スクエア)

AppleとAndroidの両方に対応した、無料のPOSアプリです。導入方法は、アカウントを作成し、普段使っているスマートフォンやタブレットにアプリをインストールするだけで簡単にモバイルPOSとして使い始められます。

現金決済はもちろん、クレジットカード決済も受け付けられます。クレジットカード決済に対応するには、専用のICカードリーダーをモバイル端末に差し込むだけです。オフラインでも決済処理が可能なので、インターネットが不安定な環境でも、問題なく使用できるのが強みです。

さらに、Squareデータ顧客リストを用いることで、売り上げ情報の分析や、お客様の来店・購入履歴などもわかりやすく見える化できます。ビジネスの状況をしっかり把握できるため、業務効率化やサービス向上に役立ちます。

その他にもさまざまな機能を利用できます。詳しくはこちらをご確認ください。

ビジネスの成長に合わせたPOSレジアプリ

Square POSレジを設定
無料のアカウントを作成

2, ubiregi(ユビレジ)/ユビレジ

iPadで使えるPOSアプリです。用意されているプランは5種類。無料プランのほか、有料プランとしてプレミアムプラン、飲食店向けプラン、小売店向けプラン、カスタマイズプランが用意されています。

宿泊施設に特化したプランはありませんが、相談すれば最適なプランを提案してもらえるため、自分の事業体系にあったものを選べます。導入後のサポートも充実しており、無料プランの場合でも、メールで相談ができるため安心です。

期間別や客層別の売り上げ分析、各店舗の状況がひと目でわかる複数店舗管理など、さまざまな機能が用意されています。Squareとの連携でクレジットカード決済も可能です。

全ての機能が1ヶ月間無料で利用できるお試し版があるので、迷っている人は、まずは試してみるのもいいかもしれません。無料期間が終わっても、料金は自動で発生しないので安心です。

3, Airレジ(エアレジ)/AirREGI(リクルート)

iPhoneまたはiPadで使えるPOSアプリです。初期費用および月額費用はともに無料。それでいて、レジ機能や売り上げ分析、顧客管理など、基本的な機能がしっかり完備されています。Squareと連携することで、クレジットカード決済にも対応できます。

もし、アプリや周辺機器を試したい人は、全国にあるサービスカウンターで体験ができるため、実際に行ってみるのもいいでしょう。

また、便利なスターターパックも用意されているため、初めてPOSレジを導入する人でも安心して始めることができます。

4, スマレジ/スマレジ

iPhoneまたはiPadで使えるPOSアプリです。現場の声を生かしたサービス開発が強みで、バンドル販売対応や取り置き機能といった便利な機能が豊富にそろっています。デザインがシンプルで、高機能ながら使いやすいアプリです。

用意されているプランは5種類。無料プランのスタンダード、有料プランのプレミアム・プレミアムプラス・フードビジネス・リテールビジネスが用意されています。

アカウント登録後30日間は、無料で有料プランの機能も利用できるほか、電話による導入サポートを受けることができます。

5, クラウドPOS/ソフトバンク

iPadで使えるPOSアプリです。用意されているプランは3種類。売り上げ管理限定のLiteプラン、複数レジ対応・複数店舗管理ができるStandardプラン、飲食店におすすめなOrderingプランがあります。月額費用や初期費用のほか、iPadや周辺機器にかかる費用が必要です。

サポート体制が手厚いのが特徴です。導入時には、アプリや周辺機器類の初期設定が全て済んだ状態で届くため、面倒な設定作業は一切不要です。届いた当日からすぐにPOSレジを使い始めることができます。さらに、担当者による操作トレーニングや、トラブル時のかけつけ保守などのサービスもあり、機械の扱いに自信がない人でも安心です。

低コストながら、経営者にとって嬉しい機能を兼ね備えており、業務効率化やサービス向上に役立つPOSアプリ。ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

宿泊施設でキャッシュレス決済を導入すること
シーン別で覚える英語接客術〜宿泊予約編〜

執筆は2018年8月2日時点の情報を参照しています。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。
Photography provided by, Unsplash

機能満載のPOSシステムがここまで身近に

あなたの成長に合わせた Square POSシステム

無料アカウントを作成

詳細はこちら

最新の情報や使い方のヒントなどを直接あなたのメールボックスへ。

事業成長やマーケティング、会計のヒントなどの特集やアドバイスが満載。