プレスリリース

2017年第2四半期決算

下記は2017年8月2日(米国東部標準時間)に開示された2017年第2四半期のShareholder Letterの抄訳です。原文とあわせてご確認ください。Shareholder Letter以外の資料は、投資家向けサイトでご確認ください。

  • 当社では引き続き収入の増加と利益率の向上が見られました。これは、比較的規模の大きい加盟店の利用が増えたことや、プロダクトの利用幅が広がっていることに起因しています。
  • Square Capitalでは、融資額が前年同期比68%増となり、投資家基盤がさらに多様化しました。
  • Square Cash Cardは、消費者に新たな支払い方法を提供し、発行枚数が急速に伸びています。提供開始から僅か1ヵ月で、初期のSquare Readerの、最初の8ヵ月分の出荷台数に相当する枚数を発送しました。
  • Squareの顧客重視の販売時点情報管理(POS)は、9,000万件に及ぶ顧客プロファイルを有し、加盟店にとって強力なCRMツールとなります。

※2017年第2四半期の主要な結果は、Shareholder Letterのp.2にてご確認ください。

第2四半期においては、比較的規模の大きい加盟店の利用やクロスセリングを通したプロダクトの利用が増え、当社の継続的な努力が収入実績に反映されました。総取扱高は前年同期比32%増であり、比較的規模の大きい加盟店の取扱高は同45%増となっています。決済取引に由来する収益は取扱高と同じ伸び率で前年同期比32%増となりました。これは、当社が決済取引に由来する収益の利益率を維持できることを示しています。継続利用サービスを含むサービス由来の収益は、前年同期比でほぼ倍増しています。堅調な収入の伸び、信用販売における損失率の低下、及び継続的な営業費用のてこ入れにより、今四半期においてもEBITDAと利益率の大幅な改善がもたらされました。

Square Capitalの融資額は前年同期比68%増となり、投資家基盤がさらに多様化しました。

第2四半期中、Square Capitalは4万9,000件以上の事業融資を実行し、その総額は前年同期比68%増の3億1,800万ドルに達しています。そして、加盟店の事業成長を支援するツールをSquare Capitalのプロダクト群に追加することにより、より多くの人が融資の恩恵を受けられるようにします。6月には、Square Installmentsの試験運用を開始しました。これはSquare Invoices(日本語名称:Square 請求書)と組み合わせることで、加盟店が高額な買い物をしたお客様に数ヵ月の分割払いを提供することを可能にするものです。通常、購入資金の貸付を提供できるのは大規模事業者のみですが、Square Installmentsでは小規模事業者もこの成長を後押しするツールを同様に利用することができます。

当社では、Square Capitalのための強力かつ多様な投資家基盤の構築に引き続き注力しています。3,000億カナダドルを超す運用資産を有し、持続的かつ長期的な収益率を重視するグローバルな投資運用機関であるCPPIB(カナダ年金制度投資委員会)が新たなローン購入者として加わりました。さらに、既存の投資家の中には、継続的なSquare Capitalのローン購入のために、グローバル銀行との間で融資契約を結んだところも複数あります。これは、当社のプログラムに対する高い信頼性を示すものです。

Square Capitalは引き続き小規模事業者にとって信頼できるパートナーとしての役割を果たしています。最近当社が実施した調査では、回答者の84%が「Square Capitalが事業成長に役立った」と回答しています。さらに、Square Capitalを利用した加盟店の多くは、Squareのエコシステムにおける他のサービスも利用していることが分かっています。例えば、ニューヨークのブルックリンにある「Bushwick Community Darkroom」のオーナーで、写真とアート作品を手がけるルシア・ローロー(Lucia Rollow)氏は、暗室を必要とする他の写真家に地下室をレンタルし、Squareを使ってそのレンタル料の支払いを管理しています。暗室の予約件数は瞬く間に増加し、同氏は需要に応えるために暗室の場所を2度にわたり移し、Square Capitalを利用して暗室の面積を50%拡大しました。現在、同氏はBushwick Community Darkroomを3,000平方フィートの倉庫で運営しており、暗室のレンタルだけでなく、他の写真家を対象にフィルムの現像や印刷サービスを提供し、初心者向けの写真教室も開いています。最近、同氏は初の正社員を雇用し、給与管理サービスのSquare Payrollも活用しています。

Square Cash Cardは、消費者に新たな支払い方法を提供し、発行枚数が急速に伸びています。提供開始から僅か1ヵ月で、初期のSquare Readerの、最初の8ヵ月分の出荷台数に相当する枚数を発送しました。

個人利用者はSquare Cashに数分で登録することができ、アプリを使って資金の保管や個人間の送金・追跡、銀行口座への入金を行うことができます。事業者はSquare Cashを利用して、お客様からの支払いを受け付けることができます(Square Cash for Business)。第2四半期もSquare Cashは堅調な自律的成長を維持し、Google PlayとiOS App Storeの両方においてファイナンスアプリのトップ5の常連となっています。 さらに第2四半期中、Square Cashが一貫してiOS App Storeの無料アプリランキングでトップ100入りしていたことは、幅広い層における有用性を示す特筆すべき点です。

当社はSquare Cashに個人間送金以外の機能を追加し、これにより個人がより幅広い用途で残高を利用できるようになりました。2016年9月に当社がバーチャルで Cash Cardの提供を始めて以来、同カードはNetflixやSpotify、Amazon、Lyftなどの日常的な支払いに使用されています。この6月には、実物の Cash Cardの提供を開始しました。これにより、Visaカードを受け付けているところなら米国内のどこにおいても、利用者は自身の残高を支払いに利用することができます。

第2四半期には、Square Cashのアクティブな利用者の3分の1以上が、 Cash Cardやクレジットカード、Instant Deposit(即時入金サービス)、Square Cash for Businessなどの有料取引を利用しました。当社がスピーディでシンプル、かつ全てが一つに繋がったツールで事業者を後押しすることに成功したように、Square Cashにより同様のエコシステムを個人向けに構築する好機を見出しています。

Squareの顧客重視の販売時点情報管理(POS)は、9,000万件に及ぶ顧客プロファイルを有し、加盟店にとって強力なCRMツールとなります。

ソフトウェアと決済取引の独自の統合により、当社は加盟店のために豊富な商取引データを蓄積することができます。加盟店がSquareに登録した時点から、当社のPOSは、加盟店とお客様との間で生じるすべてのやり取りを、加盟店の顧客リストに記録として自動的に登録 ・更新します。記録には、決済取引やお客様からのフィードバック、loyalty stars(来店スタンプ)、クーポンの引き換え、予約などが含まれます。その結果、Squareは電子メールアドレスや電話番号が紐づいた独自の顧客プロファイルを9,000万件以上有しています。当社はこれらのお客様に対する深い理解を活用してCRMツールを構築しています。このツールを利用することにより、加盟店はお客様からのフィードバックに即座に応答し、非常に効果的で使いやすいマーケティングやロイヤルティプログラム、ギフトプログラムを実施することができます。

加盟店はSquareを利用することで、独自のマーケティングキャンペーンを打ったり、自動化されたSquareのキャンペーンを実行することができます。そして、ターゲットとするお客様の層と関連性の高い割引や告知を提供することにより、そのお客様の層にリーチすることができるようになります。SquareのロイヤリティプログラムはSquare POSで追跡管理されており、当社はその加盟店の事業に最適化されたプログラムを提案することができます。例えば、ヘアサロンは取引金額が大きいですが、アイスクリームショップほど頻繁にお客様が訪れるわけではありません。そのため、各店舗に合わせてロイヤリティプログラムの内容を変える必要があります。 特筆すべきは、当社の技術がこれらのプログラムを作成・実行し、その成果を個々のお客様とその取引に結び付けることができるため、加盟店がプログラムの効果を簡単かつ正確に測定することができる点です。 Squareマーケティングプログラムを実施した加盟店は、平均して支出1ドルにつき10ドル以上の売上に繋げています。また、Squareロイヤリティプログラムは購入者の来店頻度を70%増加させる結果へと繋がっています。

スムージーとブレンドジュースを提供する「Keva Juice」は、米国内の22軒の小売店舗でSquareのCRMツールを利用しているSquare加盟店です。Kevaではすべてがお客様中心です。KevaはSquareの電子レシート(のSquare メッセージ)を利用してお客様とのコミュニケーションを図ることで、フィードバックに速やかに対処し、「すべてのお客様に素晴らしい来店体験を提供」しています。KevaはSquare POSを利用して、登録顧客数が3万5,000人に上るデジタルロイヤリティカードを管理し、紙のパンチカードで発生することのある詐欺の防止に努めています。また、KevaはSquare POSと組み合わせて利用するためにSquareギフトカードに切り替えたことで、旧システムで用いていたギフトカードのように手作業で照会・管理する時間が不要になり、時間と労力を節約することができました。さらに、KevaはSquareでマーケティングキャンペーンを自動化し、定期的に誕生日のプロモーションやレビューの促進、特別割引などをお客様に案内しています。こうしたキャンペーンはKevaに大きな成長をもたらし、KevaとSquareの両社の成長につながる好循環が促されています。


財務関連事項

取扱高(GPV)

2017年第2四半期の取扱高は前年同期比32%増の164億ドルとなりました。これは、2017年第1四半期における前年同期比33%増の成長に匹敵する数値です。比較的規模の大きい加盟店(年換算の取扱高が12万5,000ドル超の加盟店)の取扱高は前年同期比45%増となりました。これは、総取扱高の46%を占めており、2016年第2四半期の42%に比べて増加しています。注目すべき点として、中堅市場の加盟店(年換算の取扱高で50万ドル以上を生む比較的規模の大きい加盟店)が前年同期比で61%成長し、取扱高の19%を占め、2016年第2四半期の14%から大幅に増加したことが挙げられます。

収益

2017年第2四半期の総純収入は前年同期比26%増の5億5,200万ドルとなりました。これは、2017年第1四半期における前年同期比22%増よりも高い伸び率となります。今四半期においては、2016年第4四半期に当社のインフラから移行したStarbucksからの収入は発生していません。Starbucksからの収入を除くと、総純収入は前年同期比36%増となります。

調整後収益は前年同期比41%増の2億4,000万ドルとなりました。これは、2017年第1四半期における前年同期比39%増の成長に匹敵する数値です。

2017年第2四半期の決済取引に由来する収益は前年同期比32%増の4億8,200万ドルとなりました。決済取引に由来する収益は取扱高に対して2.94%の割合で、前年度の2.93%から増加しています。2017年第2四半期の決済取引に由来する利益は取扱高に対して1.04%の割合で、前年度から横這いです。決済取引に由来する収益と利益の取扱高に対する割合は、カードを提示する決済取引よりも料率が高いSquare 請求書(日本ではカード提示の決済取引と料率は同じ)、ブラウザ決済、及びEコマース APIによる決済の堅調な成長により推進されたものです。

2017年第2四半期の継続利用サービスを含むサービス由来の収益は、前年同期比99%増の5,900万ドルとなりました。これは、主にInstant Deposit(即時入金)、Caviar、及びSquare Capitalの継続的な成長により推進されたものです。Instant Depositの成長は、Square Cashアプリを利用している加盟店と個人利用者の利用が増加したことに起因しています。Caviarは、プラットフォームを利用する飲食店の数が増え、宅配と持ち帰りの両方のサービス提供するレストランが増加したことから、受注量が増加しました。Square Capitalは4万9,000件の事業融資を実行し、その総額は前年同期比68%増の3億1,800万ドルに達しています。

2017年第2四半期のハードウェアに由来する収益は、前年同期比7%減、前四半期比14%増の1,000万ドルとなりました。前年同期比での減少は、非接触・ICカード対応のSquare Readerの事前注文に関連して2016年上半期の売上が通常よりも増加したことに起因しています。非接触・ICカード対応のSquare Readerの売上台数は、最近100万台に達しました。

営業費用/営業利益

2017年第2四半期の営業費用は前年同期比25%増の2億2,000万ドルとなりました。非GAAPベースの営業費用は前年同期比28%増の1億7,300万ドルで、調整後収益の72%を占めています。

  • 製品開発費用はGAAPベースで7,800万ドル、非GAAPベースで5,000万ドルで、それぞれ前年同期比14%増と20%増となります。前四半期と同様、これはエンジニアリング、製品、及び設計に関連する人件費の増加に起因しています。
  • 販売&マーケティング費用はGAAPベースで6,000万ドル、非GAAPベースで5,500万ドルで、それぞれ前年同期比53%増と55%増となります。これは、主にマーケティング支出の増加、セールス&市場開拓チームの拡大、及びSquare Cashとグローバル展開に関連する費用の増加に起因しています。
  • 一般管理費用はGAAPベースで6,300万ドル、非GAAPベースで4,900万ドルで、それぞれ前年同期比24%増と23%増となります。これは、主にSquare Capitalの法務、財務、ビジネスシステム、及び事業運営における人件費の増加によるものです。
  • 決済取引、ローン、及び前払いにおける損失は1,800万ドルとなりました。決済取引に由来する損失は、取扱高に対して引き続き過去平均の0.1%を下回っています。

2016年第2四半期の純損失が2,700万ドルであったのに対し、2017年第2四半期の純損失は1,600万ドルとなりました。基本および希薄化後の1株当たりの純損失は、2016年第2四半期の1株当たりの純損失が0.08ドルであったのに対し0.04ドルとなりました。2017年第2四半期時点の加重平均基本株式は3億7,600万ドルでした。

2017年第2四半期の調整後EBITDAは、2016年第2四半期の1,260万ドルと比較して3,650万ドルとなりました。これは、前年同期比で2,390万ドルの改善となります。第2四半期の調整後EBITDAマージンは15%で、これは前年同期比8ポイント増となります。調整後EBITDAの改善は、堅調な収入の増加、信用販売における損失率の低下、及び継続的な営業レバレッジを反映するものです。

調整後1株当たり純利益(調整後EPS)は、2017年第2四半期の加重平均希薄化後株式4億1,800万に基づき0.07ドルとなります。これは、2016年第2四半期に比べて0.05ドルの改善となります。

貸借対照表/キャッシュフロー

2017年第2四半期終了時の現金、現金同等物、制限付き現金、及び市場性ある有価証券への投資は11億ドルとなり、2017年第1四半期末に報告された9億9,000万ドルを上回りました。この四半期末の残高の増加は、調整後EBITDAと従業員のストックオプション行使による利益によるものです。

第2四半期における当社の堅調な実績を受けて、当社は通年業績予想を引き上げます。
※通期業績予想は、Shareholder Letterのp.9にてご確認ください。


Square加盟店の声

p.4 右欄
LUCIA ROLLOW
Bushwick Community Darkroom

「Square Capitalの融資は、世界で最もシンプルで最高のシステムです。非常に透明性が高く、金額やレートが明瞭なだけでなく、返済方法も簡単です。Squareの他のサービスを既に利用していたので、同社を非常に信頼していました。そのため、安心して融資を受けることができたのです」

p.6 右欄
GARY THOMAS
Keva Juice

「今年、Keva Juiceは30%以上の成長を見込んでいます。お客様と良好な関係を築き、運用コストを低く抑えることができたことが、この成長に一役買っています 。当社が知っている中で、完璧に揃ったプラットフォームを提供しているのはSquareだけです。Squareのお蔭で、中小企業である当社も、通常は大企業のみがアクセス可能な技術を利用することができるようになりました」

p.11
Jeremiah Gard
Director of Finance & Business Development
Red River Zoo

「Squareを導入してから、Apple Payを利用するお客様の大幅な増加が見られました。お蔭様で行列を効率よく捌けるようになりました。また、当社とお客様の双方にとってより安全なシステムという点が気に入っています。Squareの導入は大正解でした。信頼性が高く、24時間で入金されることで、全体のキャッシュフローも改善しました。良いことずくめです」


Square, Inc.について
Squareは、商売の立ち上げから事業の成長まで事業者をサポートするツールを開発しています。Squareレジは、レジ機能やクレジットカード決済にくわえ、売上の記録や在庫管理、売上分析まで、事業者にとって必要なツールを一式揃えたPOSレジです。また、中小企業向けの融資や顧客管理ツール等、資金調達とマーケティングに関するサービスも提供しています。さらに、さまざまな企業や個人が、送金や金銭の受け取りを手軽にできる「Squareキャッシュ」や人気レストランのフードデリバリーサービス「Caviar(キャビア)」も提供しています。Square, Inc.は、2009年に設立、本社をサンフランシスコに構え、米国、カナダ、日本、オーストラリア、英国でカード決済サービスを提供しています。

報道関係者問い合わせ先
Square株式会社 広報
press-jp@squareup.com