新型コロナウイルスへの対応

【Square基本のき】5分でわかるSquareの使い方〜決済編〜

Square (スクエア), ブログ編集者

▼この記事は「アカウント登録完了後、どうすれば決済受付け開始できるの?」という加盟店様に向けた簡単スタートアップガイドです。Squareを使いはじめるまでに必要なものや、必ず知っておいてほしいこと、実際にお問合せが多いことなどの重要ポイントがわかり、安心してSquareでキャッシュレス決済の受け付けをはじめていただくことができます。

■ アカウントの登録がまだの方は、こちらから無料でSquareのアカウント作成ができます。



Squareのキャッシュレス決済で必要な3つのもの

alt text

■ 必要なものが揃っていない方はこちらからチェック!

Square対応クレジットカードブランド・電子マネー、支払い回数

PD01548 - 3.25 emoney colored logos

Visa、Mastercard、American Express、JCB、Diners Club、Discoverのロゴが記載されているクレジットカードやデビットカード、海外発行カードを受け付けることができます。

電子マネーは、Suica、PASMO、Kitaca、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん、QUICPay、iDに対応しています。PiTaPaはご利用いただけません

Squareで受付可能な支払い回数は一括支払いのみです

注意:
・電子マネーはSquare データから手動で有効化する必要があります
・Squareにおける審査に加えて、Visa・Mastercardカードのお取り扱いは三井住友カード株式会社、American ExpressカードはAmerican Express International, Inc.、JCB・Diners Club・Discoverカードのお取り扱いは、株式会社ジェーシービーによる審査が必要です。審査結果によってはカード決済サービスまたは一部カードブランドでの決済をご利用いただけない場合があります。
・JCB・Diners Club・Discoverカードの決済が受け付けられない加盟店では、QUICPayでの決済は受け付けることができません。
・現時点では、タクシー・ハイヤー等での電子マネー決済のご利用はできません。ご了承ください。

カードリーダーの仕組み

Square Reader(Bluetooth接続)の仕様

alt text

このカードリーダーでは、ICチップが付いたクレジットカードと電子マネーの決済を受け付けることができます。

カードスロット:ICチップ付きクレジットカード挿入口。

電源ボタン・LEDライト:電源ボタンを押すことで、LEDライト部分が点灯・点滅し、端末とのペアリングや充電状態の確認ができます。

充電ポート:同梱の充電ケーブルで充電ができます。

磁気専用リーダーの仕様

alt text

磁気テープのみのクレジットカードによる決済を受け付けるには、同梱の磁気専用リーダーを使用します。

横からみたときに、溝が一つあります。ここが磁気テープ読み取り口です。

注意:
・Square Reader (Bluetooth接続)は充電式です。充電が足りていないとクレジットカードを読み取ることができません。
・バッテリーは2〜3時間の充電で満充電となります。満充電の場合、1営業日 (12時間 〜 16時間) 程度ご利用いただける設計となっていますが、ご利用状況に応じて前後する可能性があります。
・Square Reader(Bluethooth接続)はICチップ付きクレジットカード、磁気専用リーダーは磁気テープのみのクレジットカードと電子マネー、の読み取りに対応しています。それぞれ正しいリーダーで決済を受け付けてください。

クレジットカードの読み取り方法

【ICカードを受け付ける】

お客様のお支払いの準備が整ったら、次の操作を行います。

・リーダーがお使いの端末に接続されていることを確認します。

Square Reader

・Square POSレジアプリを開き決済金額を入力したら、[お会計]をタップします。

JP Tap Charge in iPad

・リーダー上部にあるカードスロットに、ICカードのオモテ面を上にしてICチップのある側からカードを挿入します。

JP R12c GSG 5 Dip

・カードは差し込んだままにし、リーダーから「ピー」と音が鳴って緑色のランプが4つ●●●●点灯したらカードを取り出します。

・お客様に端末の画面に指でサインをもらい決済を完了します。

【磁気テープのカードを受け付ける】

磁気ストライプのみのクレジットカードの決済を受け付けるには、同梱の磁気専用リーダーを使用します。リーダーをiOS端末またはAndroid端末のイヤホンジャックに差し込み、磁気ストライプのみのクレジットカードをスワイプしてください。

JP R12c GSG 4 Swipe

電子マネーの読み取り方法

【交通系IC、QUICPay、iDでの決済を受け付ける】

PD01388 - JP Suica Contactless Chip Reader

電子マネーの決済を受け付けるには、[お会計]をタップ後に[電子マネー]を選択します。その次の画面で、お客様が希望する決済方法(交通系IC・iD・QUICpay)を選択します。

リーダーの準備が整うと、青色のランプが4つ●●●●点滅し、画面が[お待ちください。準備をしています。]から[交通系ICカード(iD/QUICPayカード)をリーダーにタッチしてください。決済音が鳴るまで動かさないでください。]に変わります。

kihon-no-ki-3-emoney

お客様に支払い金額を確認していただき、POSレジから決済音が鳴るまでカードもしくはモバイル端末をリーダーにかざし続けてもらいましょう。「ピピッ」と決済音が鳴ったら決済完了です。

注意: お客様の携帯端末によっては、決済完了前に「完了」と表示されることがありますが、POSレジからの決済音が鳴るまでタッチしてください。決済音が聞こえるように、モバイル端末の音設定を3メモリ以上に設定しておきましょう。

お客様のクレジットカード明細に表示される店舗情報を設定

店舗情報は、お客様がカード会社から受け取るカード利用明細に表示されます。

正しく設定しないと、アカウント登録時に入力した自宅の住所や電話番号がそのままお客様のクレジットカード明細に表示されてしまうこともあります。

この情報を正確に入力しておくことで、お客様はあなたの店舗(事業)での決済を認識しやすくなり、トラブルの予防にもつながります。

注意: 複数店舗を登録している場合、各店舗ごとに設定を行ってください。設定方法はこちらをチェック!

alt text

本番の決済の前に「テスト決済」で練習しましょう

いきなり本番だとお店もお客様も不安なものです。ご自身のクレジットカードで何回か練習して操作方法を確認しておきましょう。

注意:
・テスト決済は100円で、かつ、必ず払戻し(返金)の作業を行ってください。
・テスト決済は払い戻しができる決済方法に限り、実施を推奨しています。交通系ICは払い戻しができませんので、電子マネーでのテスト決済は、払い戻しが可能なQUICPay、またはiDでお試しください。
・テスト決済の方法はこちら
・払戻し(返金)の方法はこちら

alt text

レシートプリンターなどの周辺機器について

jp-blog-retailaccesories-standset

オプションでレシートプリンターや、バーコードスキャナもつけられます。組み合わせや詳細はこちらをご確認ください。

Squareサポート

Squareには、製品の機能や操作方法について専門的にご案内するサポーターがいます。困ったときはお気軽にお問い合わせください。また、今抱えている質問の回答はすでにSquare 加盟店コミュニティに投稿されているかもしれません。検索バーにキーワードを入力し、合わせてご確認ください。

【Square基本のき】オススメ読み物〜NG集&トラブルシュート〜

絶対おさえておきたい『ココ、注意!』

トラブルシュート編—困った!とっさの決済トラブル解決ガイド

入金についてよくあるお問合せ