Response to the novel coronavirus

小売店にはSquare。ビジネスの成長に寄り添う、4つの機能

Square (スクエア), ブログ編集者

お店の認知度が上がり、常連客も増えてくると、もう一歩先に進むために「してみたいこと」や「したほうがいいこと」が浮かんでくるでしょう。たとえばイベントへの出店やECサイトの立ち上げ、アルバイトの採用……このように新たなステップを踏み出すときにもぴったりなのが、Squareです。

ここではビジネスの成長に寄り添うSquareの4つの機能を紹介します。

成長ステップ1. イベントに出店したい。

「近所でお店を営む友人に誘われた」「商店街主催のイベントに興味がある」など小売店を経営していると、ある日ふとイベントに出店する機会が訪れることも。そんなときにぶつかる悩みといえば、「会計はどうしよう」

jp-blog-growth-1

Squareであればラクラク解決!

jp-blog-retailvp3-event
持ち運びも簡単な手のひらサイズのSquare Readerは、イベントでの利用にもぴったり。Wi-Fiはもちろんのこと、4GやLTEなどのモバイルネットワーク通信があればどこからでも使用が可能です。審査に通過すれば、最短即日からカード決済を受け付けられるようになるため、急なイベントの出店にも最適です。

Square POSレジで支払いを受け付ければ、売上データも自動で集計されます。その日の売り上げはPOSレジ上で瞬時に確認。同アプリには在庫管理機能も備わっているので、在庫数もスマートフォンやタブレットから簡単に確認できます。イベントと実店舗の売り上げや在庫情報は、同一アカウントから管理できるので、わざわざ別アカウントを作る必要もなし。

成長ステップ2. オンラインで商品を売りたい。

ソーシャルメディアなどでのフォロワーが増えてくると、「オンラインで購入できますか」とメッセージが送られてくることもあるかもしれません。ところが 「申し訳ございません。オンラインでの購入は承っておりませんでして……」 と断ってしまうと、機会損失の恐れもあるうえ、せっかく興味を示してもらえたお客様を逃してしまう可能性も。

jp-blog-growth-2

Squareであればラクラク解決!

jp-blog-retailvp3-invoice
Square 請求書で支払いを受け付けましょう。Square 請求書であれば、ECサイトを開設する必要もなし。Square POSレジアプリ、またはSquare データ(※)からであれば、Square 請求書を何通でも無料で作成・送信 できます。方法はかんたん。商品情報を入力し、お客様にお伺いしたメールアドレスに送信するだけ。お客様は受け取ったメールからクレジットカード情報を入力し、決済を完了できる仕組みになっています。これで無料の請求書テンプレートを探し回る必要もありません。

また、送信時には支払い期限の設定も可能。期限を過ぎても未払いの請求書に関しては、アカウントから簡単にリマインダーメールも送れます。支払い状況はアカウントから一目で確認できるので、未払いを見落とすこともありません。

一方で、なかには「これを機にECサイトを作ってみたい!」という人もいるのでは。とはいえ 「実店舗とECショップの売上をバラバラに管理するのは大変そう……」、このような不安がよぎるかもしれません。

Square POSレジアプリはスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末でご利用いただけます。Square データへのログインはインターネットブラウザから行えます。

Squareであればラクラク解決!

Squareではたった二つのステップを踏むだけで、ECサイトと実店舗での売上状況を一元で管理できるようになります。

(1) 店舗での支払いをSquare POSレジで受け付ける
(2) Squareと連携できるサービス(※1)を利用して、ECサイトを開設する

※1. Squareが連携しているECサービスは、Squareアプリマーケットのページからご確認ください。

ECサイト用に別のSquareアカウントを作成する必要はなし。実店舗とECサイトで受け付けたお支払いを一つのアカウントでまとめて確認・管理することができます。入金サイクルは変わらず、最短翌日のお振り込み(※2)。決済手数料は、3.60%(※3)です。

※2. 三井住友銀行・みずほ銀行をご登録の場合:0:00 から23:59 までの決済分が、決済日の翌営業日に振り込まれます。
三井住友銀行とみずほ銀行以外の金融機関口座をご登録の場合:毎週水曜日で締め、同じ週の金曜日に合算で振り込まれます。
※3.ECサイトで利用できるカードブランドは、Visa, Mastercard, American Expressの3ブランドです。詳しい料金体系はこちらから。

成長ステップ3. はじめてのアルバイト採用!

店も忙しくなってきたし、そろそろアルバイトを採用しよう。そうと決めたはいいものの、勤怠を管理するタイムカードもなければ、新人のアルバイトにPOSレジを自由に触らせるのは少し不安。とはいえ「最適なツールを探す時間がない……」 ともろもろを後回しにしてしまう前に。

jp-blog-growth-3

Squareであればラクラク解決!

jp-blog-retailvp-02
Square POSレジアプリに備わっている スタッフ管理機能 を活用しましょう。タイムカード機能を利用すれば、勤務時間や休憩時間を無料で記録できます。値段の変更やディスカウントの付与ができないように「支払いだけを受け付ける」というアクセス権限の設定も可能です(※)。

※詳しくはスタッフ管理機能のページからご確認ください。

成長ステップ4. 二店舗目のオープンが決定!

オープン当初は遠い夢のように感じていた2店舗目のオープンがようやく決定!着々と準備を進めていく中でふと頭をよぎるのは、「そういえばPOSレジで1店舗以上管理するのって、有料なんだっけ」

jp-blog-growth-4

Squareであればラクラク解決!

従来の据置型のPOSレジで複数店舗の売上状況や在庫状況を一元で管理するとなると、手続きが煩雑かつコストがかかりがちで、スモールビジネスにとってはなかなか手が出せないものでした。Square POSレジであれば、複数店舗の管理は無料。一つのアカウントで最大300店舗まで一元で管理できるので、3店舗目、4店舗目をオープンする際も心配無用。もちろんそれぞれの店舗に別々の口座を紐づけることも、在庫を別で管理することも可能です。

売り上げと在庫はそれぞれ別のアプリで管理、請求書は必要なときに無料テンプレートをダウンロード、スタッフ管理は別のサービスを利用……と複数のサービスを行き来するのはとても面倒な作業。一箇所でまとめて店舗管理をするにはSquareが便利!ぜひこの機会に検討してみてはいかがでしょうか。

Square Readerで今日からカード決済導入を

Squareなら簡単にカード決済受付可能に


続けて読もう!セットで揃えたいレジの周辺アイテム

(1) 小売店にはSquare。毎日のタスクをラクにする3つの機能
(2) 小売店にはSquare。ビジネスの成長に寄り添う、4つの機能
(3) 小売店にはSquare。セットで揃えたいレジの周辺アイテム

Squareのブログでは、起業したい、自分のビジネスをさらに発展させたい、と考える人に向けて情報を発信しています。お届けするのは集客に使えるアイデア、資金運用や税金の知識、最新のキャッシュレス事情など。また、Square加盟店の取材記事では、日々経営に向き合う人たちの試行錯誤の様子や、乗り越えてきた壁を垣間見ることができます。Squareブログ編集チームでは、記事を通してビジネスの立ち上げから日々の運営、成長をサポートします。

執筆は2020年2月28日時点の情報を参照しています。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。
Photography provided by, Unsplash