2019年第2四半期決算

Aug 01, 2019

下記は2019年8月1日(米国東部標準時間)に開示されたSquare, Inc.の2019年第2四半期のShareholder Letterの業績ハイライトの抄訳です。原文とあわせてご確認ください。Shareholder Letter以外の資料は、投資家向けサイトでご確認ください。

ハイライト

  • 当社は2019年第2四半期において継続して順調に収益を拡大しています。総純収益は前年同期比44%増、調整後収益は前年同期比46%増となりました。

  • 加盟店が各販売チャネルからの注文をSquareで一元管理できる「Orders API」の提供を開始いたしました。

  • 「Cash App」のエコシステムが大幅に規模を拡大しています。2019年第2四半期における「Cash App」の総純収益は2億6,000万ドル、ビットコインを除くと1億3,500万ドルの純収益となりました。

2Q19-Earnings-results-jp

株主のみなさまへ

当社は2019年第2四半期において引き続き収益を拡大し、長期的な成長に向けた投資を行っています。総純収益は前年同期比44%増の11.7億ドル、調整後収益は前年同期比46%増の5億6,300万ドルとなりました。2018年第2四半期の純損失は600万ドルでしたが、今期の純損失は700万ドルとなりました。Eventbrite社への投資の時価評価の結果による500万ドルの損失を除くと、純損失は200万ドルとなります。調整後EBITDAは前年同期比54%増の1億500万ドルとなりました。

本日、当社はDoorDash社と共に、当社のフードオーダープラットフォーム「Caviar(※1)」をDoorDash社に4億1,000万ドルで売却することで最終的な合意に達したことを発表いたしました。売却額は現金とDoorDash社の優先株にて支払われる予定です。本取引により、当社は事業者向けと個人向けという二つの成長過程にある大きなエコシステムに、一層注力し、投資を拡大させていきます。当社の運営方針が明確になると同時に、今後の計画、投資、事業運営の目的と関係性がよりはっきりしたものとなりました。

なお、DoorDashはすでに「Square for Restaurants」と連携し、オンラインと対面による注文管理を一元化しています。第2四半期では、「Cash Boost(※2)」とDoorDashの提携により、DoorDashで「Cash Card」を利用したお客様はお得な特典を受けられるようになりました。DoorDash社との継続的なパートナーシップは、当社にとって重要かつ戦略的なチャンスだと考えています。

Square加盟店と「Cash App」によるエコシステムは数百万という利用者を抱え、当社の好調な収益拡大を牽引しています。Squareの事業者向けサービスによるエコシステムは、起業から、日々の運営、事業拡大まであらゆるビジネスオーナーを支えています。個人向けサービスによるエコシステムは、送金から、支払い、貯金まで金銭のやりとりを簡単にするツールを提供することで消費者がお金を管理する方法を変えています。「Cash App」のエコシステムは大幅に規模を拡大しており、2019年第2四半期における「Cash App」の総純収益はビットコインを除くと1億3,500万ドルとなりました。

※1 Caviarは、ミシュラン認定のレストランからフードトラックまで、飲食店の美味しい食事をお届けするデリバリーサービスです。
※2 Cash Boostは、Squareの個人間送金アプリ「Square Cash」の利用者還元プログラムです。

表紙、P.3
Candice CoxはCanDid Artのオーナーとして、カリフォルニア州オークランドでアクセサリーとインテリア雑貨のデザインと製作を行っています。お客様とのお会計には、簡単に支払いを受け付けられる非接触チップ対応のSquare Readerを利用しています。

P.4
Bobwhite Lunch and Supper Counter (ニューヨーク)
Keedick Coulter

手作業でのオーダー処理は本当に無駄が多い作業です。デバイスがいくつもあって、別々に処理する場合はなおさらです。4つのデリバリーサービスを一つのタブレットで管理できるよう集約したことで、1シフトにつき30分から60分は時間を節約できました。

P.11
Indianapolis Motor Speedway(インディアナ州インディアナポリス)
ビジネスソリューション担当ディレクター
Brad Lee

今年は初めてインディアナポリス500で、200以上ある売店の全店舗でカード決済が受付けられるようになりました。Squareのおかげであり、素晴らしいことでした。Squareのプラットフォームで、以前よりもずっと簡単に売上データやお客様からのフィードバックを把握できるようになりました。スポーツ業界は良好なパートナーシップで成り立っています。Squareから得たデータがあれば、成功した部分もそうでない部分も、より詳しいレポートや一歩進んだ分析をパートナーに提供でき、今後の関係強化に役立ちます。

Square, Inc.について
Squareは、商売の立ち上げから事業の成長まで事業者をサポートするツールを開発しています。Squareレジは、レジ機能やクレジットカード決済にくわえ、売上の記録や在庫管理、売上分析まで、事業者にとって必要なツールを一式揃えたPOSレジです。また、中小企業向けの融資や顧客管理ツール等、資金調達とマーケティングに関するサービスも提供しています。さらに、さまざまな企業や個人が、送金や金銭の受け取りを手軽にできる「CashApp(キャッシュアップ)」や人気レストランのフードデリバリーサービス「Caviar(キャビア)」も提供しています。Square, Inc.は、2009年に設立、本社をサンフランシスコに構え、米国、カナダ、日本、オーストラリア、英国でカード決済サービスを提供しています。

報道関係者問い合わせ先
Square株式会社 広報
press-jp@squareup.com