システムの更新情報をみる

ご利用中のSquare サービスに影響を及ぼす可能性のある問題が発生しています。詳細については、弊社のステータスページに随時更新いたします。

ホーム>請求書 プラス

Square 請求書 プラスをはじめる

Square 請求書 プラスで、ビジネスをより効率的に運営しましょう。カスタム請求書テンプレート、マイルストーンに基づく支払いスケジュール、複数パターンの見積もりといった、高度な機能が搭載されており、Square データまたはSquare 請求書アプリから利用できます。

料金設定

30日間の無料トライアルをはじめて、ご自身の事業に役立つか試してみましょう。トライアルの開始にお支払い情報は必要ありません。無料トライアルに登録した後にサービスをキャンセルする場合は、30日間が経過してトライアルが完了するのを待つ必要があります。

請求書 プラスの機能を使い続けるには、アカウントあたり毎月3,000円をお支払いいただきます。月の途中でサブスクリプション登録された場合は、日割りで利用料金が計算されます。Square 請求書 プラスの決済手数料は、以下のとおりです。

  • 3.25%:Visa、Mastercard、American Express、Discover、Dinersによるカード決済。

  • 3.95%:JCBによるカード決済。

今すぐ、Square 請求書 プラスの30日間無料トライアルをはじめてみましょう。

無料トライアル終了時にサブスクリプション登録しないことを選択した場合でも、過去1年間に作成した複数​パターンの見積もり、請求書テンプレート、進捗状況に基づく支払いスケジュールの設定、プロジェクトフォルダ、カスタムフィールドは今後も編集していただけますが、これらの機能を使用して新しい請求書を作成することはできなくなります。

Square 請求書 プラスの主な機能

承諾された見積もりを請求書に自動変換

お客さまが承諾した見積もりは、すばやく請求書に変換できるため、請求処理をさらにスムーズに行えます。承諾時に自動的に見積もりを請求書に変換するには、以下の手順を行います。

  1. 上述の手順を行い、見積もりを作成します。

  2. [コミュニケーション] 画面で、[お客さまが見積もりを承諾したら自動的に請求書に変換する] をオンに切り替えます。

  3. [承諾後に請求書を送信または共有リンクを作成する] または [承諾後に請求書を下書きとして保存する] のいずれかを選択します。

注意:この機能は、Square データおよびiOS端末でのみ利用可能です。自動変換オプションは現在Android端末ではご利用いただけません。

一括請求

毎回別々に請求書を作成するのではなく、同じ請求書を複数のお客さまにメールで一括送信して、毎月の請求プロセスの時間を節約してシンプルにしましょう。

一括請求を送信するには、以下の手順を行います。

  1. Square データの [請求書] にアクセスします。

  2. [請求書を作成] をクリックします。

  3. [一括請求を作成] を選択します。

たとえば会費など、同じサービスを定期的に請求しているお客さまのグループを作成すると、そのグループ全体に対して一括請求が可能になります。

お客さまのグループを手入力で作成するには、以下の手順を行います。

  1. Square データから [顧客] にアクセスします。

  2. [全ての顧客] >[ 新しいグループ]の順にクリックします。

  3. 新しいグループに名前を付け、[保存] をクリックします。

請求書や契約書のフィールドをカスタマイズする

請求書にカスタムフィールドを作成・配置することで、利用規約、キャンセルや返品に関するポリシー、個別メッセージなど、さまざまな追加情報をお客さまにお知らせできます。

詳しい方法については、カスタム請求書フィールドを作成するをご覧ください。

また契約書にカスタムフィールドを作成すると、ワークフローが最適化され、お客さまが同意した規約内容を最高レベルで正確に維持できます。この情報を収集する方法(テキストフィールド、チェックボックスなど)のカスタマイズを導入すると、契約書だけでなく(受付フォーム、アンケートなど)その他の機能も作成できるようになります。

カスタム請求書テンプレート

既存の請求書のテンプレートを保存し再利用できるので、毎回最初から作り直す必要はありません。商品/サービス、支払い設定、メモなどの項目をあらかじめ指定したテンプレートを作成しておけば、同じような業務や販売の際に再利用できます。デフォルトのテンプレートを設定すると、請求書作成時に常に最初に表示されます。残りのテンプレートの順番を並べ替えることもできます。

Square データから請求書テンプレートを作成するには、以下の手順を行います。

  1. Square データから [Square 請求書の概要ページ] にアクセスします。

  2. [設定] > [請求書] の順にクリックします。

  3. [+新規テンプレート] をクリックします。

  4. テンプレート名を入力します。

  5. 請求書の詳細を入力して、[テンプレートを保存] をクリックします。

進捗状況に基づく支払いスケジュール

特定のマイルストーンや仕事の進捗状況に基づいて支払いスケジュールを設定することができます。どんな職種やプロジェクトでも、たった1枚の請求書を作成するだけで、複数回の支払いを手軽に受け付けられます。

マイルストーンに基づく支払いスケジュールで進捗請求機能を作成するには、以下の手順を行います。

  1. Square 請求書の概要ページにアクセスして [請求書を作成] をクリックします。

  2. 顧客リストから顧客を選択するか、お客さまの名前とメールアドレスまたは電話番号を新たに入力します。

  3. 単位品目を追加し、[カスタマイズ] をクリックしてオプション、メモおよび税金を適用します。

  4. [決済スケジュールを追加] を選択します。

  5. 必要に応じて、[初回入金をリクエストする] をオンにし、[残高をマイルストーンに分割する] をオンに切り替えます。

  6. 支払いの予定金額またはパーセンテージを入力し、支払期限を選択して [保存] をクリックします。

  7. その他の請求書の詳細を入力して、[送信] をクリックします。

注意:支払期限やリマインダーの設定などをカスタマイズするには、各支払いの支払期限またはリマインダーの設定をクリックします。お客さまのために最大12のマイルストーン支払いを作成できます。

複数パターンの見積もり

商品・サービスのパターンを複数用意して、1つの見積もりに含めることができます。

Square データから複数パターンの見積もりを作成するには、以下の手順を行います。

  1. Square 請求書の概要ページにアクセスして [見積もり] をクリックします。

  2. [見積もりを作成] をクリックします。

  3. お客さまの情報と見積もりの詳細を入力します。[次へ] をクリックします。

  4. 支払いの詳細と見積もりの単位品目を入力します。

  5. [パターンを追加] の [+] アイコンをクリックします。最大9つのパターンを追加できます。必要に応じてタイトルと説明を入力し、[次へ] をクリックします。

  6. 連絡方法のオプションを入力して、見積もりをプレビューします。[送信] をクリックします。

注意:複数パターンの見積もりには、2つ以上9つ以下のパターンを含めてください。必要に応じて、複製または消去が可能です。パターンの合計額は必ず、$1.00~$50,000.00以内にしてください。

プロジェクトフォルダ

プロジェクトに関連するあらゆるデジタルファイルを整理して、時間を節約しましょう。契約書、見積もり、請求書、定期請求書などのすべての進行状況を、Square データ1箇所で把握できます。

プロジェクトフォルダを作成するには、以下の手順を行います。

  1. Square データから [Square 請求書の概要ページ] にアクセスします。

  2. [プロジェクト] > [プロジェクトを作成] の順にクリックします。

  3. プロジェクト名、プロジェクト開始日、(任意の)プロジェクト終了日を入力します。[保存] をクリックします。

  4. [追加] をクリックして、既存の見積もり、契約書、請求書、または定期請求書を選択します。タイトル、ID、ステータスなどで検索することが可能です。

お探しの答えが見当たりませんか?