システムの更新情報をみる

ご利用中のSquare サービスに影響を及ぼす可能性のある問題が発生しています。詳細については、弊社のステータスページに随時更新いたします。

ホーム画面に戻る

Square レストランPOSレジのデリバリー・受け取り連携サービス

Square レストランPOSレジでは、デリバリーや受け取りオーダーで人気のあるオーダープラットフォームを連携させることができますので、お客さまがどこにいても対応可能です。Square レストランPOSレジアプリおよびSquare データからオーダーを表示・管理して、お客さまやデリバリー業者の受け取り時間を調整し、ワークフローを合理化してスムーズにレストランを運営できます。

Square POSレジ、Square レストランPOSレジ フリープランとプラスプランの機能の比較一覧をご確認ください。

はじめる

  1. Square データ > [商品と注文] > [注文] > [オーダーパートナー] の順にアクセスします。

  2. Squareアカウントに統合するオーダーパートナーで [はじめる] をクリックします。

  3. 次に、端末ごとに [オンライン注文] を有効にしてください。注意:この有効化は、店舗の全端末で行う必要はありません。注文を管理する端末だけ、それぞれ有効化を行ってください。有効なPOSレジがまだない場合には、[端末を作成] するオプションが表示されます。

Order Device Settings

特定のパートナーの [はじめる] をクリックすると、そのパートナーのウェブサイトにリダイレクトされます。そこで、レストランのメニューのインポートを含む、連携サービスを完了してください。

複数のオンラインパートナーのオーダーを管理する

対象の端末で [オンライン注文] を有効にすると、Square レストランPOSレジアプリ下部にあるナビゲーションメニューに新しいタブが表示され、そこでオーダーを管理できます。

注意:有効にすると、[チップを調整] タブの代わりに [注文] が表示されます。チップを調整するには、[取引履歴] > [チップを調整] の順にアクセスしてください。

カスタム属性

Squareのサービスと特定の連携サービスを利用している場合、商品ライブラリ内の商品やバリエーションにはあらかじめ作成済みのフィールドが表示されます。それがカスタム属性です。カスタム属性はSquareのサービスと連携している他社製アプリの情報セットを基に構成され、Square データから属性の新規作成や管理が行えます。

カスタム属性を利用することで既存の商品や新規商品の情報を充実させたり、商品やバリエーションに関する詳細情報を他社の開発者に知らせたりできます。たとえば、ワインの販売を手掛ける事業ではヴィンテージ産地テイスティングノートなどの情報を追加したいという場合が考えられます。カスタム属性でこのような情報を扱えば、業務運営に役立つのはもちろんのこと、商品情報の管理まで自社完結で行うことができます。

注意:連携サービスによってはカスタム属性を事前に設定していない場合があります。商品ライブラリ内でカスタム属性のオプションが表示されない場合、その時点では、ご利用の連携サービスはカスタム属性をサポートしていません。

オーダーの状況

各オーダーは以下のいずれかのオーダーステータスに分類されます。

  • 有効:受け付けるすべてのオーダー、または対応中のオーダー(未完了)。

  • 新規:受け付けるすべてのオーダー。自動印刷が無効になっている場合、オーダーシートはオーダーが受け付けられて [対応中] に移動したときに印刷されます。

  • 対応中:準備中のオーダー。

  • 準備完了:お客さままたは配送業者による受け取りの準備ができたすべてのオーダー。

  • 完了済み:完了またはキャンセルされたすべてのオーダー。

オーダーは上から下へ、古いものから順に表示されます。

Square データからオーダーを管理する

オンラインでオーダーを管理すると、すべてのアップデートがお使いのレストランアプリへと自動的に同期されます。

次の手順で操作を開始します。

  1. Square データから [商品と注文] > [注文] の順にアクセスします。

  2. フィルターを使用して [有効]、[ 完了済み]、または [すべてのオーダー] を表示します。準備ができたら、任意のオーダーをクリックして操作を行います。

  3. [対応中] をクリックします。オーダーのステータスが [対応中] に更新されます。

  4. オーダーの受け取りの準備ができたら、[「準備完了」にする] をクリックします。

  5. お客さまが商品を受け取ったら、オーダーを表示して [「受け取り済み」にする] を選択します。

オーダーの処理を完了したら、取引の詳細を閲覧して、商品別の内訳や受注ソースを確認することができます。

注意:取引の詳細には、加盟店さまが注文を受け付けた時間ではなく、お客さまが注文を行った時刻が反映されます。

Square レストランPOSレジアプリからオーダーを管理する

連携サービスパートナーからお客さまが注文を行うと、アプリ内通知が届き、対応待ちの注文の数が [注文] タブにハイライト表示されます。

新規オーダーに対応する準備ができたら、以下の手順を行います。

  1. [注文] > [有効] の順にタップします。

  2. [新規] セクションからから任意のオーダーを選択し、[「対応中」にする] をタップします。

  3. デリバリー業者へのオーダーの受け渡し、またはお客さまが直接オーダーを受け取る準備ができたら、[「準備完了」にする] をタップします。

  4. オーダーの受け取りが完了したら、[「受け取り済み」にする] をタップします。このオーダーは [完了済み] セクションに移動します。

オーダーのプリンター設定

サポート対象のプリンターを接続しSquare レストランPOSレジアプリ内でプリンターステーションを作成すると、以下から選んで印刷できるようになります。

レシート、伝票、レポート、キャッシュドロワーを開く。
オーダーシート:オンラインおよびPOSレジで受け付けたオーダーのオーダーシートを印刷します。オンラインオーダーの場合は、以下のいずれかまたは両方を選択可能です。
新規オーダーを自動印刷する:新規オンラインオーダーを受け付けたときに、自動的にオーダーシートを印刷します。注意:この機能をオンにするには、[ユーティリティ] > [設定] の順にアクセスし、[注文] が見えるまでスクロールして自動印刷とアラートを有効にします。新規オーダーは、[注文] タブから手入力で受け付ける必要があります。
対応中のオーダーを自動的に印刷する:オーダーを [対応中] にすると、そのオーダーシートが印刷されます(デフォルト設定)。
オーダーシートのお客様控え:オーダーシートを印刷すると、お客さま用の控えが印刷されます。
伝票をエクスポート:1枚のオーダーシートにオーダー全体が印刷されます。
伝票を取り消す:取り消されたオーダーを準備ステーションに送信します。

商品カテゴリのルート設定を設定すると、オンライン注文のオーダーシートは、店内での注文と同じカテゴリの印刷規則に従います。

受信したオーダーを自動印刷する

デフォルトでは、オンラインオーダーのオーダーシートは [対応中] とマークされてから印刷されます。オーダー受け付け前に自動的にオーダーシートを印刷したい場合は、以下の手順を行います。

  1. Square レストランPOSレジから、[アカウント] > [周辺機器を設定] の順にタップします。

  2. 既存のプリンターステーションを選択するか、[プリンターステーションを作成] をタップします。

  3. [オーダーシート] で、[新規オーダーを自動印刷する] をオンに切り替えます。

  4. [保存] をタップします。

伝票を再び印刷する

オーダーシートを再印刷するには、以下の手順を行います。

  1. [注文] をタップして、再印刷するオーダーシートを選択します。

  2. 注文の詳細ページから、下までスクロールして [再印刷] をタップします。

受け取り時間を調整

Square レストランPOSレジアプリからオーダーの受け取り時間を調整するには、以下の手順を行います。

  1. [注文] をタップして [新規] セクションから対象のオーダーを選択し、詳細ページを開きます。

  2. [調整] をタップします。

  3. オプション一覧から、新しい受け取り時間を選択します。

  4. [保存] をタップします。

  5. 完了すると、調整した受け取り時間が注文の詳細ページに表示されるようになります。[オーダーを受け付ける] を選択します。

注意:Caviar連携サービスをお使いの場合、受け取り時間を調整すると、お客さま/デリバリー業者に時間変更の通知が送信されます。

支払いと払い戻し

Square レストランPOSレジアカウントと連携しているパートナー経由でオーダーが入ると、取引履歴に反映されますが、これは記録のみを目的とした記載です。支払いと払い戻しは、各連携サービスで直接管理されます。

パートナー別レポート

Square レストランPOSレジで複数のオーダーチャネルを提供を利用している場合、取引履歴やレポートを [ソース] 別に絞り込むことができます。

レポートをソース別に絞り込むには、以下の手順を行います。

  1. Square データから [レポート] > [レポート] の順にアクセスします。

  2. レポートの [表示単位] および [フィルター] セクションに、[ソース] 別にレポートビューを更新する選択肢が表示されます。

  3. [エクスポート] をクリックして、レポートを保存し印刷します。

取引をソース別に絞り込むには、以下の手順を行います。

  1. Square データから、[レポート] > [取引履歴] の順に選択します。

  2. ページの上部の [ソース] フィルターをクリックして、特定のソースを選択します。

[ソース] フィルターを適用し終わったら、[店舗]、[従業員]、[時間帯] などのその他のフィルターを組み合わせて、レポートを詳細表示しカスタマイズすることができます。

また取引CSVをエクスポートすると、[ソース] の列が表示されます。

パートナーシップ連携サービスのトラブルシューティング

Square レストランPOSレジアプリは複数のパートナーと連携しており、受け取り・デリバリーオーダーを管理することができますが、機能、サービス、お届け方法、請求の管理は各パートナーが直接行います。

Square レストランPOSレジでオンライン注文の利用に関する、よくある質問への回答をご覧ください。

お探しの答えが見当たりませんか?