Square 請求書をパソコンで管理するには(共有・再送・編集・取り消しなど)

請求書を絞り込む

Square データおよびSquare POSレジアプリから、請求書をステータスで絞り込んで表示できます。

フィルターに含まれるもの:

送信済み:未払い、期限超過、 支払済み、払い戻し済、取消済み、支払失敗の請求書を示します。
支払前請求書:未払い、期限超過、送信エラーの請求書を示します。
支払済み:請求書のうち、支払済みまたは払い戻し済み(一部払戻しを含む)のものすべてを示します。
送信予約済み:次回の定期送信がまだ済んでいない請求書や通常の送信予約済みの請求書を示します。
下書き:送信済み、送信予約済みにまだなっていない、下書き中の請求書を示します。

次の手順で請求書を共有(オンラインでの共有または印刷)します。

  1. Squareデータの[請求書]から新しい請求書を作成します。
  2. 支払いのドロップダウンから[請求書を手動で共有する]を選択し、支払期限を選択します。
  3. 請求書を記入してから[作成]をクリックします。
  4. Squareから該当の請求書のURLが記載されたメールが届きますので、URLをコピー&ペーストしてメールなどに貼りお客様にお知らせください。

ポイント:現時点では、モバイルブラウザーから請求書の印刷はできません。

請求書を再送信 / 編集 / 取り消しする

「再送」する

  1. Squareデータ請求書に進みます。
  2. 編集する請求書をクリックします。
  3. 内容を編集する場合には、[編集] をクリックします。そのまま再送信する場合は [再送信] をクリックします。

「取り消し」にする

請求書を取り消しするには、請求書を選択して、[その他] > [取り消す] > [OK] の順にクリックします。

[定期送信請求書]をキャンセルするには、請求書を選択して、[定期送信] > [定期送信請求書を終了] > [確認] の順にクリックします。

メモ: お客様がカードで請求書を支払おうとして決済処理に何度も失敗すると、安全保持のため、請求書が自動的に取り消される場合があります。その場合、該当の請求書を複製し、もう一度送信してください。また、カード情報が認証されない場合は、カード発行会社にお問い合わせいただくよう、お客様にお伝えください。Square 請求書を安全にご利用いただくためにを併せてご覧ください。

決済を記録する

Square請求書以外の方法で支払いがあった場合は、Square データから手動で請求書のステータスを「支払済み」に変更できます。請求書を選択し、詳細ページから [決済を記録]をクリックします。請求書の記録に手数料はかかりません。

お客様が請求書の直接支払いをご希望される場合、Square POSレジで決済をすることができます。 決済の受付け方については、Square 請求書をPOSレジアプリで利用するをご覧ください。

従業員管理とSquare請求書

従業員管理機能を使用する場合、 従業員に請求書の作成許可をすることができます。各役割で次のアクセス権限をオンにしてください。

  • [Squareデータへのアクセスを許可する]をオンにします。
  • [請求書の管理と作成]をチェックします。
  • [顧客管理]をチェックします。