システムの更新情報をみる

ご利用中のSquare サービスに影響を及ぼす可能性のある問題が発生しています。詳細については、弊社のステータスページに随時更新いたします。

ホーム画面に戻る

代理人機能を利用しているアカウントをアップグレードする

アカウントがアップグレードされると、ひとつのアカウントで複数店舗の一元管理、同一店舗内での複数モバイル端末の管理、各従業員に対するより詳細なアクセス権限などの設定をすることができます。

現在の代理人アカウントの利用方法別にアップグレード後の設定を説明します。

複数店舗の売上管理のために代理人アカウントを利用している 

現在、複数の店舗の売上管理のために代理人アカウントを利用している方はこちらをご覧ください。

アカウントがアップグレードされると、1つのアカウントに複数の店舗を登録することができるようになります。店舗管理機能を使うと、店舗ごとのレシート設定や商品設定、入金先口座の振り分けなどができるようになります。また、従業員管理機能と合わせると、責任者に対して各店舗ごとのSquareデータ閲覧の権限などを付与することが可能です。これまでの代理人アカウントを利用する必要がない場合は、登録されている従業員をいつでも無効化することが可能です。

※店舗の追加をおこなった場合は、必ず店舗ごとに入金先口座情報の登録をお願いします。

セキュリティ管理のために代理人アカウントを利用している 

1つのモバイル端末を複数のスタッフで共有している場合や、複数のスタッフがそれぞれのモバイル端末を利用している場合のセキュリティ管理のために代理人アカウントを利用している方は、こちらをご覧ください。

1つのモバイル端末を複数スタッフで共有している

アカウントがアップグレードされると、端末コードを利用してログインすると、暗証番号により様々な機能へのアクセスを制限することが可能です。また、各スタッフに暗証番号を付与することで、スタッフごとの売上管理や、出退勤を記録することも可能です。端末コードと併用するため、アプリにログインするためのメールアドレスとパスワードを共有する必要がありません。これまでの代理人アカウントを利用する必要がない場合は、登録されている従業員をいつでも無効化することが可能です。

複数スタッフがそれぞれのモバイル端末を利用している

アカウントがアップグレードされると、これまでに登録された代理人アカウントの設定がそのまま代理人キャッシャーに引き継がれます。アップグレードに伴って再度代理人を招待をする必要はなく、代理人は、キャッシャーとしてこれまでに利用していたメールアドレスとパスワードをそのまま使用することが可能です。払い戻しならびにオフラインモードの決済の受け付け許可以外の詳細設定をすることが可能になったので、アップグレード後は再度Squareデータから設定を確認することをおすすめします。

スタッフごとの売上管理のために代理人アカウントを利用している

スタッフごとの売上管理のために代理人アカウントを利用している方は、こちらをご覧ください。

アカウントがアップグレードされると、端末コードを利用してログインし、売上ごとにスタッフが各自の暗証番号を入力し、お会計を受け付けたスタッフを記録することができます。また、各スタッフに振られた暗証番号を利用することで、様々な機能へのアクセスを制限したり、出退勤を記録することも可能です。端末コードと併用するため、アプリにログインするためのメールアドレスとパスワードを共有する必要がありません。これまでの代理人アカウントを利用する必要がない場合は、登録されている従業員をいつでも無効化することが可能です。