Square 請求書を安全にご利用いただくために

Square 請求書とは、オンラインでお客様自身がカード番号を入力し、お支払いができる便利な請求書機能です。しかし同時に、支払いが目の前で行われないことによるリスクについても配慮が必要です。この記事では、請求書機能を使って請求する際の注意点について説明します。

信頼できる顧客と取引する

Square 請求書の送信管理は、店舗/事業側であるあなたの手にかかっています。信頼できる相手に商品を販売し、代金を請求書で請求することが重要です。たとえば大量の注文や、通常では考えられないような注文があった場合には、注文主に直接電話をかけて確認するなどの対応をお勧めします。相手が電話に出ない、電話番号が通じないなどの場合には、販売しないようにしてください。

請求書は毎回、お客様のメールアドレスに直接送信する

そうすることで、確実に請求書が届き、代金を支払う必要を認識してもらうことができます。これは支払い異議申し立ての防止に役立ちます。請求書の控えが必要な場合は、追加の送信先に自分のメールアドレスを含めることができます。

何度も請求書の支払いが試行された場合には確認を

Square 請求書の支払い試行が一定回数に達すると、安全保護のため請求書は自動的にキャンセルされます。請求書がキャンセルされた旨の通知を受け取った場合、顧客の身元を確認する、他の支払い方法 (銀行振込、現金など) に切り替える、または売上そのものをキャンセルするなどの対策を取るようお勧めします。

対面での商品受取に注意する

Square 請求書で代金を支払い、商品やサービスを店頭で受けたいと希望する場合、盗難カードの情報が使われた可能性があります。こういった場合には、店頭での受取前に、 [Squareデータ]の[売上]タブから[お取引] に進み、この取引に使われたカードの種類と番号の下 4 桁を確認しておきます。来店時には、カードと身分証の提示を依頼し、確認済みのカード情報と照合します。

お客様に 店頭でのお支払いをお願いすることもできます。

至急発送や速達便の依頼にご注意を

商品の送付先住所に不審な点がないかを確認します。私書箱や荷物転送サービスなどは不正な取引と結びついている場合が多いため、そのような住所への商品発送は推奨しません。また、法人と称する注文者が個人宅への発送を指定している場合なども、不正取引の可能性が考えられます。

利用規約とお届け予定についての情報を含める

支払いの際には、自店の各種規約・ポリシーについて顧客が理解しているよう確認してください。潜在的な支払い異議申し立てを防ぐには、請求書に次のような情報を記載します。

  • 払い戻しに関する規約
  • キャンセルポリシー
  • 利用規約
  • お届け予定日